ここから本文です

おっぱい番長 朝井麗華さんオススメ「水毒出し」でスッキリボディに♪ 1分逆立ち、わきつかみ! [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 8/13(土) 12:00配信

冷えや冷たいもののとり過ぎから、夏に起こりやすいのが水毒。ただ、水毒は簡単な方法で解消できるとか。そこで、おっぱい番長 朝井麗華さんが、おすすめの“水毒出し”術を伝授!

即効で全身のむくみをとる 1分逆立ち

背中を走る脊柱起立筋には腎と膀胱の経絡が重なっていて、逆立ちをすると自然に刺激され、水毒出しに効果大。むくみも即効で改善。

1:壁から20cmほど離れた位置にタオルを折り畳んで敷き、その横に両手をついて、頭をタオルにのせる。徐々に足を顔に近づけていき、お尻を上げていく。

2:両足を上げて壁につけて1分キープ。慣れないうちは20秒から始めればOK。ゆっくりと足から下ろし、頭を床につけたまま2~3呼吸おいたら、ゆっくり立ち上がる。

水が滞りやすい部分を刺激! ボールでリンパ流し

体のリンパ管が合流する“リンパ節”があるのが、わきとそけい部。ここのつまりをとればリンパの流れがスムーズに。ボールを使えば簡単に刺激可能!

1:両脇にあるリンパ節を刺激。両脇に軟式テニスボール(弾力があり、硬すぎず、大きすぎないボールならOK)を1個ずつはさみ、腕を動かしてボールをグッ、グッと押す。これを1分間行う。

2:そけい部のリンパ節を刺激。両脚の付け根にボールをはさみ、床に座って両腕でひざを抱える。そのままひざをギューっと引き寄せるようにして10秒キープ。これを3回行う。

冷えにも肩こりにも効く! わきつかみ

両わきには大きなリンパ節があるので、わきをつかんで刺激するのも、リンパの滞り改善に効果抜群。肩こりにも◎。

1:片手の親指以外の4本の指を、反対側のわきに差し込み、わきをつかむ。しっかりとわきの肉をはさんでつかむこと。

2:次に、つかんだわきと同じ側の腕をまっすぐに伸ばして、後ろへぐるぐると回す。これを10回。次に前回しを10回。反対側も同様に行う。わきが柔軟になって、リンパの流れも促進。

1/2ページ

最終更新:8/13(土) 12:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。