ここから本文です

メッシがアルゼンチン代表引退宣言を撤回! 「母国に喜びをもたらしたい」

Football ZONE web 8/13(土) 8:43配信

衝撃の発表からわずか1カ月半で翻意

 バルセロナFWリオネル・メッシがアルゼンチン代表引退宣言を撤回した。アルゼンチンサッカー協会(AFA)が発表したもので、世界最高の名手は「アルゼンチンに喜びをもたらしたい」と声明を発表している。

マラドーナの後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」を英紙が採点

 メッシは6月のコパ・アメリカ・センテナリオで自身A代表初のメジャータイトル獲得を目指したが、決勝のチリ戦でPK戦の末に敗退。メッシ自身もPKを失敗する悪夢のような結末となった。2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)、15年南米選手権チリ大会に続くメジャートーナメント3大会連続の決勝戦敗退という悲劇的な結末と、腐敗が深刻化するAFAへの不満もあって、チリ戦直後には代表引退を宣言した。無冠のメッシに対する批判を口にしていたアルゼンチン国民が手のひらを返して、「メッシやめないで」の声に包まれる事態となった。

 これを受けてアルゼンチンの新監督に就任したエドガルド・バウザ氏はバルセロナに渡り、メッシと話し合いの場を持った。代表引退を宣言した背番号10は9月に行われるロシアW杯南米予選のウルグアイ戦とベネズエラ戦への招集に応じた。

 メッシはAFAを通じて声明を発表。「僕は母国とアルビセレステ(アルゼンチン代表の愛称)を愛している、今まさに、アルゼンチンのフットボール界にはとても多くの問題がある。それが僕に決意を固めるに至らしめた」と代表引退を口にした理由を説明した。しかし、現在は心境の変化が訪れた。

「問題解決に代表の内側から闘っていきたい」

「あの日から多くのことが僕の心に去来した。代表を引退することが良いことだと真剣に考慮したけれど、僕はアルゼンチンに喜びをもたらし、そして問題の解決に代表の内側から闘っていきたい」

 世界最高のタレント軍団であるアルゼンチン代表はコパ・アメリカ・センテナリオだけでなく、リオデジャネイロ五輪でもまさかのグループリーグ敗退を喫した。危機的状況にある母国の窮状を見かねて、メッシは自らの気持ちを翻意させる格好となった。

 代表とAFAが抱える問題は山積したままだが、世界ナンバーワンプレーヤーはバルセロナだけでなくアルゼンチン代表でも、その勇姿を今後も見せることが確実になった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/13(土) 8:46

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。