ここから本文です

【MLB】イチローとA-ROD、皮肉なまでに好対照だった8月7日。意味合いが全く異なる二人の涙が意味するもの

ベースボールチャンネル 8/13(土) 11:00配信

700本塁打クラブまであと4本

 陰と陽。見事なまでに対照的なコントラストが2人のスーパースターを照らした。

 マリナーズでメジャーデビューを飾った両雄。ヤンキースのアレックス・ロドリゲスとマーリンズのイチロー。2016年8月7日は、2人にとって一生忘れられない日曜日となった。

 メジャー通算696本塁打。「700本塁打クラブ」へあと「4発」に迫っていたロドリゲスは、ヤンキースタジアムで現役引退を発表した。今季は打率.204、9本塁打の大不振。低迷したチームはプレーオフ進出を諦め、来季以降をにらみ若手中心の起用へ舵取りしたばかり。契約は来季まで残すが、球団首脳からの「引退勧告」に逆らうことはできなかった。
「みんなに、野球にさよならを言う時が来た。誰にでも訪れる日だ」と会見では涙ながらに語った。

 全米を揺るがしたその電撃会見から、およそ8時間後。クアーズフィールドで、イチローがメジャー通算3000安打を放った。こちらは歴代30人目となる「3000安打クラブ」入り。アジア出身では初の偉業だ。チームメイトや敵地のファンからも手厚く祝福され、ベンチでは隠すようにかけたサングラスの奥から涙を流した。

 同じ涙でも重みや、色合いは全く異なった。

 ともに節目の数字が迫る両雄は、全米野球ファンの注目を集め続けていた。Xデーはいつになるのか。特にロドリゲスの目指した700号は、120年以上の歴史を持つメジャーリーグにおいてバリー・ボンズ(762本)、ハンク・アーロン(755本)、ベーブ・ルース(714本)と過去3人しかいない。すでに「3000安打クラブ」入りは済ませているスラッガーには、ボンズの最多本塁打記録更新さえ期待され、本人も意欲を示していた。

 何度も手を染めた禁止薬物使用の陰が、晴れることは決してない。14年シーズンには、ポストシーズンを含め全試合出場停止処分を受けた。ブランクをモノともせず昨年15年は33本塁打。薬の力で本塁打を量産してきた一方で、この空白の1年さえなければどこまで記録を伸ばせたのか。

1/2ページ

最終更新:8/13(土) 11:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。