ここから本文です

神田正輝「再婚は全然なし。自由に人生を楽しみたい」

女性自身 8/13(土) 6:00配信

「(娘の沙也加は)小さいころから歌が好きだった。まだ幼稚園のころかな。カミさんのクリスマスソング(松田聖子のアルバム『クリスマス・ツリー』)のレコーディングについていったり。CDを聴くと子供が歌ってるから、『沙也加?』って聞いたらそうだって」

 そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第66回のゲスト・俳優の神田正輝さん(65)。スキーやダイビングなどの趣味を持つアクティブな神田さん。山小屋のおやじになりたかったという青年が、いつしか“石原軍団”の名俳優に。神田さんとは28年来の仲で、石原プロモーションにもゆかりのある中山がお話を聞きました。

中山「いずれ沙也加さんが結婚となったときには、どうですか」

神田「結婚、いいんじゃない。沙也加が17歳くらいのときに、『誰と付き合って、一緒に暮らしたり何してもいいけども、隠れてコソコソするな』『周りがなんとかするし、そんなに怖がる必要ないから』なんて話をしたね。いろんな経験したほうが選ぶときにいいでしょ」

中山「僕は子供が全員男なので、女のコだとそういう距離感が難しそうだと感じます」

神田「根本は男でも女でも変わらないと思うんだけど、女性の場合は女性に聞かないとわからないことが多いのかな」

中山「それはお母さんと話すんでしょうね」

神田「母と娘っていうのは特別なのかな。むかし、カミさんがお母さんとケンカして泣いて帰ってきたときに『お前のおふくろさんはひどいな』って言ったら、『あなたに言われたくない』って怒るの。あなたとは夫婦、あっちは親子、これは地雷踏んだなって。僕の人生、地雷ばっかり踏んでいる気がする(笑)。でもね、いっぱい失敗したほうがいいと思う。どんな経験だっていつか役に立つから」

中山「大事なものは残りますもんね」

神田「ヒデちゃんの言うとおりだね。結婚も、僕は1ダース(12年)しかいかなかったけど、長くいる人はすごいと思う半面、ひとりでいるとラクだなって思うこともあるし」

中山「再婚は考えないですか?」

神田「全然ないね。いまは空飛ぼうが、海潜ろうが自由だから。時間をかけて作ったこの自由を逃しちゃいけないよ(笑)。時間をかけて作ったものだから」

最終更新:8/13(土) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。