ここから本文です

ヴァネッサ・パラディ、ジョニー・デップのために証言台へ。

VOGUE JAPAN 8/13(土) 20:00配信

ヴァネッサ・パラディがジョニー・デップとアンバー・ハードの法廷争いで、ジョニーをサポートするべく証言台に立つことになるようだ。2012年まで14年間に渡ってジョニーと交際していたヴァネッサは、ジョニーに対するアンバーへの接近禁止令の今後を決める今月後半に行われる裁判で、証言台に立つという。

ヴァネッサはその審問で、アンバーとの15か月間の結婚生活の中で身体的な暴力をふるっていないというジョニーの主張を裏付ける証言をすることになる。アンバーも証言者に含まれており、ジョニーの弁護団によるとアンバーは同裁判で4時間近く質問を受けることになるだろうと予測されている。

ジョニー側は、現在発行されている一時的な接近禁止令が永続的なものになるのを避けるため、自身の弁護として23人もの証人を用意していると報じられている。その中には、アンバーにジョニーがiPhoneを投げたとされる一件の時に現場に駆け付けた2人の警察官のほか、ジョニーとアンバーの家政婦、アンバーの広報担当などが含まれているという。

その一方でアンバーの弁護団はジョニーにも証言台に立つよう促しているそうで、アンバーは友人である隣人ラケル・ペニントンとその恋人ジョシュア・ドリューを含めた7人の証人を用意しているほか、医療記録や2014年に撮影されたアンバーが薬を手にしている写真などを証拠として提出している。

映画『ラム・ダイアリー』での共演をきっかけに交際、結婚に発展したジョニーとアンバーは今年5月に破局を迎えている。

Text by Bangshowbiz

最終更新:8/13(土) 20:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。