ここから本文です

メッシ、代表復帰を正式に表明「アルゼンチンをたまらなく愛してる」

フットボールチャンネル 8/13(土) 10:30配信

 リオネル・メッシの代表復帰が正式に決定した。12日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 今年6月27日に行われたコパ・アメリカの決勝戦で、2年連続でチリ代表に敗れたアルゼンチン代表。この3年間で3度目も目の前でタイトルを逃した失望感により、メッシは代表引退を表明した。

 そこで先日アルゼンチン代表指揮官に就任したエドガルド・バウサ監督は、9月初旬に行われるウルグアイとベネズエラとのワールドカップ(W杯)予選に向けた招集リストを間もなく発表しなければならないことから、代表復帰への意思を確認するためにバルセロナまでメッシに会いに行った。そして、メッシは考え直した挙句に代表復帰することを決意している。

 代表復帰についてメッシ本人が「アルゼンチンサッカーはすでに多くの問題を抱えている。だからこれ以上問題を増やしたくはない」と報道発表を通じて表明した。

「僕はずっと混乱を生じさせることを避けたかった。僕らには多くの問題を解決する必要があるけれど、外部で批判するんじゃなくて内部で解決したい」

 そして「チリとの決勝戦で負けた日には色々なことが頭の中を過り、代表を引退することを考えた」と当時の心境を語ると、「だけど僕は母国やこのユニフォームをたまらなく愛しているんだ。僕がアルゼンチン代表でプレーし続けることを望んでくれた全ての人々に感謝している。もうすぐ彼ら全員に喜びをもたらせることができると願っているよ」と代表復帰の旨を告げている。

 バウサ監督が発表した招集リストに名前を連ねたメッシ。再び世界中のファンを喜ばせてくれるだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:8/13(土) 10:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。