ここから本文です

「同じ便では帰らん」森元首相が「犬猿の仲」小池百合子にすり寄り

女性自身 8/13(土) 6:00配信

8月2日、初登庁した小池百合子東京都知事。選挙期間中の緑の「戦闘服」を脱ぎ、白いジャケットに青のインナーという出で立ちで登場した。そして、3日の内閣改造で入閣した女性大臣たちも、なぜかブルーで競艶。


小池氏と同じ白のスーツに青のインナーという姿で就任会見に臨んだのは丸川珠代五輪担当相。皇居での認証式には、同じく青色をあしらったドレス姿で、稲田朋美防衛相と高市早苗総務相が姿を現わした。


この3人のなかでは、高市氏が小池氏といちばん険悪とされる。


「小池さんを嫌う森(喜朗)さんに可愛がられたのが高市さん。だから彼女も小池さんが嫌い。しかも、初当選はほぼ同じ時期なのに初入閣は小池さんが3年早い。ライバル心が芽生えて当然だ」(自民党関係者)


東京五輪組織委員会会長を務める森元首相が、小池氏を毛嫌いしているのは有名な話。2人はリオ五輪の閉会式で席を並べることになるが、


「閉会式後の帰国便で、小池さんが自分と同じ“青(全日空便)”に乗ると聞いた森さんは、急遽『“赤(日航便)”に変えてくれ』と言ったそうです(笑)」(自民党国会議員)。


五輪組織委は「そういった事実はございません」と否定するが、2人が犬猿の仲というのは周知の事実。だが、その森元首相も、ついに小池氏にすり寄り始めた。


当初、都との連携は「小池さん次第」と突き放していた森氏だが、開会式から帰国後の8月9日、小池氏と会談しているのだ。


2人が会ったのは、組織委のオフィスがある東京・虎ノ門ヒルズ。もともとツーショット撮影は予定されていなかったが、小池氏が到着する前に姿を見せた森氏が職員を叱責し、急遽テーブルとイスを用意させた。森氏みずから、小池氏を出迎える形を取らせたのだ。


小池氏を待つ間、森氏は「花嫁を待ってるんだ」とおどけて見せる一幕も。そして、小池氏が現れると、森氏は立ち上がって握手を求め、笑顔で歓迎した。


報道陣に公開された冒頭取材で森氏は「こういうふうに(2人で)話すのは何十年ぶりかな」と、冗談めかしながらこれまでの疎遠さに触れた。


すると小池氏は「私、そんなに生きてませんよ。(国会議員の初)当選から24年です」と苦笑。森氏は「じゃあ10年ぶりくらいかな」と応じる。


森氏は、小池氏が協会会長を務めるウエートリフティング・三宅宏実の銅メダル獲得などを喜び、仲睦まじさを演出。報道陣もびっくりの笑顔連発だった。


非公開の会談後、囲み取材に応じた小池氏は、森氏の「花嫁発言」について問われ、「大年増ですけどね」とおどけてみせ、こちらも友好ぶりを見せた。

「五輪予算は当初の7千数百億円が約3兆円に膨らむ見込みです。その元凶の一人が森氏といわれる。結局、五輪開催は東京都の『財布』頼みです。極端にいえば、最後は媚を売るくらい小池都知事にすり寄らざるをえないんです」(政治部デスク)

かつて小池氏に「スタンドプレーはするな」と叱責した森元首相。さすがにチームプレーのやり方はよくわかっているようだ。

最終更新:8/13(土) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。