ここから本文です

嵐こそがジャニーズの伝統を継承する? 9年ぶりアリーナツアー演出でみせた姿勢

リアルサウンド 8/13(土) 7:00配信

 嵐が8月10日、約9年ぶりとなるアリーナツアー『ARASHI “Japonism Show” in ARENA』の最終公演を横浜アリーナにて行った。各報道によると同ツアーは6都市17公演、約17万4000人を動員したとのこと。今回の公演テーマは、“原点回帰”。ドーム規模での公演が続いていた嵐が、ファンと近い距離でパフォーマンスを届けることを目的に行われたツアーだった。

 嵐のコンサート演出を手がける松本潤は、アルバム『Japonism』ツアー後のインタビューで、今回のアリーナツアーについて「僕らが最近やらせてもらっている嵐らしいライブってのとはまた別で、ショーアップした内容をアリーナで回らせていただけたら、新しい見え方になるかな~って思って、メンバーと話し合いながら内容を考えてる最中です。今回の『Japonisim』というイズムは残します。だからコンサートというよりはショーに近いものを今のところイメージしてます」(『月刊ソングス』(2月15日発行))と語っていた。

 ツアー終了後テレビ各局で放送された10日の横浜アリーナ公演の映像では、各メンバーのソロパフォーマンスを重点的に紹介。それらは『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』で披露されたパフォーマンスの流れを汲んだもので、二宮和也がタップダンス、櫻井翔がドラム演奏、松本潤がDJ、相葉雅紀が空中パフォーマンス、大野智がマスクマジックを披露していた。大野が披露したマスクマジックは、東山紀之はじめ多くのジャニーズメンバーが挑戦してきたジャニーズの伝統芸といわれるパフォーマンスのひとつ。そのほか、櫻井のドラム演奏、二宮のタップダンスもショーアップされたジャニーズ舞台でよく見られるもので、ジャニーズを語る上で欠かせないパフォーマンスだ。松本が語っていたように「ショー」を意識した演出が多く取り入れられており、ジャニーズの伝統を継承しようとする動きをみせる嵐が、よりその姿勢を明確に表したツアーだったのではないだろうか。

 嵐は今後、2016年11月11日札幌ドームから2017年1月8日福岡ヤフオク!ドームまで計18公演を行う『ARASHI LIVE TOUR 2016-2017』の開催が決定している。5大ドームツアーは5年連続8度目となる。次回ツアー、そして次作アルバムにはどのようなメッセージを込めるのか。そこには、嵐が今後目指すべき方向性が色濃く示されているに違いない。

竹上尋子

最終更新:8/13(土) 7:35

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。