ここから本文です

“萌え”よりも“燃え”作!『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>』、一般向け移植版発売決定!【ざっくりゲームニュース】

おたぽる 8/13(土) 16:00配信

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 株式会社ニトロプラスは今週12日、ダウンロード版『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> 一般版』を来月30日にリリースすると発表した。本作は、PC向け18禁恋愛アドベンチャーゲーム『凍京NECRO〈トウキョウ・ネクロ〉』を一般向けに移植したもの。『凍京NECRO〈トウキョウ・ネクロ〉』は、氷河期を迎えるも地熱エネルギーで生きながらえた未来の凍京(とうきょう)を舞台に、武装した死体を操るテロリスト・ネクロマンサーを追う、生死者追跡者(リビングデッド・ストーカー)の戦いを描いた作品となっている。対象年齢は15歳以上推奨で、価格は5,800円(+税)。18禁恋愛アドベンチャーゲームといえば、“萌え”描写に力を入れる作品が多いが、同社は“萌え”よりも“燃え”に力を入れることで知られており、本作も例に漏れず、アツく“燃える”作品で、ファンを中心に高い評価を得ている。そんな背景もあってか、一般版のリリースが発表された際に、「凍京necroが一般版で発売と聞いてちょっとテンションあがってる」「凍京NECROの一般対象版出るの!」と喜ぶユーザーがTwitter上で続出している状態だ。

 続いて、こちらも新作のリリースに関するニュース。アークシステムワークス株式会社は、製品版『INFERNO CLIMBER』を来月9日にリリースすると発表。本作は、地獄の世界を舞台にしたPC向けサバイバルアクションRPGで、プレイヤーは固有の能力を持った8人の冒険者から1人を選び、過酷な冒険の旅へ身を投じることとなる。PCゲーム配信プラットフォームであるSteamでは、早期アクセス版が1,980円(税込)で配信されており、現時点で製品版の約40時間分に相当するプレイが可能となった。早期アクセス版を購入すれば、9日のリリースと同時に無料でアップデートされるため、今すぐプレイしたいユーザーにオススメしたい。

 最後は、新規タイトルの続報だ。株式会社バンダイナムコエンターテイメントは、今週9日に公開した新規タイトルのカウントダウンサイトをリニューアルし、『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』の公式サイトとしてオープンした。同サイトでは、かなり不気味なティザーPVが公開されており、カウントダウンサイトがオープンした時のイメージとは正反対となっている。公式Twitter(@LN_JP)によれば、海の中に眠る謎めいた場所が本作の舞台となる模様。実にドキドキするティザーPVではあるが、YouTubeの公式チャンネルのものを利用しているためか、最後にチャンネル登録を促す場面が登場し、瞬く間に緊張がほぐれるので、安心して視聴してほしい。

最終更新:8/13(土) 16:00

おたぽる