ここから本文です

元C大阪のフォルランが再びアジアへ! インドのムンバイ・シティと3カ月契約

Football ZONE web 8/13(土) 13:33配信

ウルグアイ紙が報じる キャリア9クラブ目の新天地にインドを選ぶ

 セレッソ大阪でもプレーし、日本でも馴染みのある元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランがインドスーパーリーグのムンバイ・シティと3カ月契約を結び、再びアジアの舞台でプレーすることになった。ウルグアイのスポーツ紙「Ovacion」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 フォルランは2015年7月にC大阪から母国の名門ペニャロールへ移籍。そして今年6月には同クラブからの退団が発表され、新天地を探していた。マンチェスター・ユナイテッドやアトレチコ・マドリード、インテルで活躍した点取り屋が、キャリア9クラブ目となる新天地に選んだのはインドだった。数日中にインドに向かい、新チームでのお披露目を迎えると見られている。

 ムンバイ・シティは2015年シーズンは元フランス代表FWニコラ・アネルカがプレーイングマネジャーとして指揮を執り、リーグ戦6位で終了。今季から元コスタリカ代表監督のアレクサンドレ・ギマラエス氏が就任した。

 2010年南アフリカ・ワールドカップでMVPと得点王をダブル受賞したフォルランも37歳となった。再びアジアの舞台で、ファンを沸かせるプレーを披露することになった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/13(土) 13:34

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。