ここから本文です

清武にさらなるライバルが出現? セビージャの辣腕SDが俊足ウインガーの帰還を示唆

Football ZONE web 8/13(土) 14:25配信

マンCで苦境のナバスに古巣セビージャ復帰の可能性が浮上

 UEFAスーパーカップで公式戦デビューを飾ったセビージャの日本代表MF清武弘嗣に、近い将来また新たなライバルが生まれそうだ。クラブのスポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏が、かつてセビージャに所属したマンチェスター・シティの元スペイン代表MFヘスス・ナバスの獲得を示唆していると、地元紙「エスタディオ・デポルティーボ」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 リーガきっての辣腕として知られるモンチ氏は、クラブで成長した若手有望株を絶妙のタイミングでメガクラブに売り出すスタイルを確立している。そのひとりがナバスだ。

 10代の頃からセビージャで出場機会を得たナバスは、俊足ウインガーとして2010年の南アフリカ・ワールドカップ、12年の欧州選手権で優勝を果たしたスペイン代表のメンバーに名を連ねた。そして、その実績を買われて13年にシティに移籍を果たした。

 しかし、今季からジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるシティは、“ネイマール二世”ことU-23ブラジル代表FWガブリエル・ジェズスを獲得。またサイドアタッカーにはシャルケからドイツ代表MFレロイ・サネを獲得しており、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ、イングランド代表FWラヒーム・スターリングらも名を連ねることから、出場機会減少の可能性が高まっている。そこで古巣復帰の噂が浮上したようだ。

モンチSD「彼はいつの日か帰ってくる」

 モンチSDは「彼はシティのためにプレーしている。彼らと契約しているから保有することはできない」と前置きしながらも、「彼はいつの日か帰ってくるだろう。それは確かではないが将来の話だ。我々がチームの陣容を強くする機会を断ることはないだろう」とした。

 もし、ナバスの復帰が決まれば、右サイドを主戦場とするだけに清武にとっては新たなライバルの出現となる。ホルヘ・サンパオリ監督は、レアル・マドリードとのUEFAスーパーカップで清武を3トップの右で起用した。現チームでもMFパブロ・サラビアらとの激しいポジション争いが想定されるだけに、スペインが誇るウインガーの今後の去就は気になるところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/13(土) 14:25

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。