ここから本文です

監督交代に揺れる長友所属のインテル FW陣強化へテベス獲得が浮上!

Football ZONE web 8/13(土) 18:38配信

“天敵”マンチーニが去ったことで獲得の可能性を見出す

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルに、得点力確保の一手として元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスの獲得が浮上している。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じている。

マラドーナの後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」を英紙が採点

 テベスは昨季開幕前に、ユベントスから古巣のボカ・ジュニアーズに移籍していた。インテルは今月8日に、リーグ開幕まで2週間を切ったタイミングでロベルト・マンチーニ前監督を事実上の解任とされる契約解除に踏み切り、オランダ名門アヤックスの指揮を執った経験のあるフランク・デブール氏を招聘した。

 テベスはマンチェスター・シティ時代に当時のマンチーニ監督と確執があり、「犬のように扱われた」と発言するほどの犬猿の仲だったが、その“天敵”が去ったことでインテルは獲得の可能性を見出し、動きをスタートさせたという。

 インテルはブラジル五輪代表のFWガブリエル・バルボーサを、この夏の移籍市場での補強ターゲットに定めているが、交渉が難航しているためテベス獲得を考慮し始めたという。ユベントス時代に2年間でリーグ戦39ゴールという成績からも、セリエAでの実績は申し分ない。

 ドタバタ劇が続くインテルは、復権に向けてストライカーの確保を成功させることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/13(土) 18:38

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。