ここから本文です

【J1展望】福岡×鹿島|本調子でない第1ステージ王者に福岡はどう立ち向かうか

SOCCER DIGEST Web 8/13(土) 17:00配信

福岡――課題を確実に消化しつつ残留へ前進したい。

J1リーグ2ndステージ・8節
アビスパ福岡 – 鹿島アントラーズ
8月14日(日)/19:00/レベルファイブスタジアム
 
アビスパ福岡
2ndステージ成績(7節終了時):14位 勝点5 1勝2分4敗 6得点・11失点
年間成績(24試合終了時):18位 勝点16 3勝7分14敗 17得点・36失点
 
【最新チーム事情】
●ダニルソンがフルメニューを消化。ただコンディションは上がらず、出場は微妙。
●11日の練習でウェリントンが別メニュー調整。スタメン出場は見送る見込みが高い。
●コンディション不良の両外人に対し、台頭する若い選手たちは軽快な動きを見せる。
●特に金森はキレもあり、鹿島戦でのゴールが期待される。
 
 
【担当記者の視点】
 試合内容は確実に進歩している福岡。高さとカウンターだけでなく、ポゼッションしながら相手を押し込む時間帯も増えている。井原監督も最後の質を課題に挙げながら、成長を感じている様子だ。
 
 一方で、惜しい試合をしながらも自分たちの不注意が原因で勝点を思ったように伸ばせていないのも事実。「ネガティブに捉えても仕方がない。課題さえ解決出来ればいい方向へ迎えるとポジティブに捉えて、前を向くだけ」(井原監督)。やはり修正をどれだけ施せるかが残留に向けての大きなポイントになるだろう。
 
 今節の対戦相手の鹿島は、公式戦4連敗中だ。だが第1ステージ王者であり、その実力に疑いはない。井原監督は「(相手の連敗が)アドバンテージになるとは思っていない」と気を引き締めている。

鹿島――金崎&鈴木のコンビに期待。

J1リーグ2ndステージ・8節
アビスパ福岡 – 鹿島アントラーズ
8月14日(日)/19:00/レベルファイブスタジアム
 
鹿島アントラーズ
2ndステージ成績(7節終了時):12位 勝点7 2勝1分4敗 12得点・12失点
年間成績(24試合終了時):3位 勝点46 14勝4分6敗 41得点・22失点
 
【最新チーム事情】
●柴崎がスルガ銀行チャンピオンシップのインデペンディエンテ・サンタフェ戦で右足首を負傷。本人は「大丈夫」と話しているが、福岡戦の出場は微妙だ。
●公式戦4連敗中だが、石井監督は「ブレずにやること」と強調。結果が出ないからといって、新たな変化を求めるよりも、継続することで打開していく考え。
 
【担当記者の視点】
 第1ステージ王者が、まさかの公式戦4連敗――負のスパイラルから抜け出せずにいる。
 
 課題は守備面より、3試合連続無得点という攻撃面にある。チャンスはそれなりに作れているだけに、あとはフィニッシュの精度。この悪い流れを止めるためにも貪欲にゴールを狙っていくしかない。
 
 注目は久々の先発が濃厚の鈴木か。アグレッシブに動き回り、前線を活性化するスタイルは、機動力のある金崎との相性が良い。ふたりのコンビネーションでまずは先制点を奪い、勝利の可能性を高めたい。

最終更新:8/13(土) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。