ここから本文です

【リオ五輪】悔しさは練習で乗り越える! 南野が新シーズンへ「休みはいらない」

SOCCER DIGEST Web 8/13(土) 6:30配信

試合を重ねるごとに成長を感じた。だからこそもっと1試合でも長くやりたかった。

 リオ五輪での戦いを終えたU-23日本代表の面々は、グループリーグ第3戦が開催されたサルバドールから、それぞれの戦場へと戻ることとなった。攻撃陣の主軸のひとりである南野拓実もサルバドール空港から自身が所属するザルツブルクへと舞い戻った。その出発前の空港で、敗退が決定した夜のチームの様子を南野が語ってくれた。
 
「悔しい気持ちと、寂しい気持ちで…、この大会が終わったな、という感じです」
 
 空港で旅立つ直前の心境をこう語った南野。試合が終わった夜は、帰国の際の時差対策もあり、多くの選手が寝ていなかったという。
「みんなとしゃべっていました。けっこう人数も多めで、僕の部屋で7、8人くらい。みんなJリーグがすぐにあるので、時差対策の意味もあって起きてましたね。みんなでこの大会を振り返ってみてという話と、これから頑張ろうという話ですね」
 
 起きていたのは選手たちだけでなく、スタッフも同様だったようだ。ホテルのロビーでは監督をはじめコーチ陣が話し込んでいたという。
「僕と(興梠)慎三さんと(遠藤)航君で、監督と話をさせてもらいました。あまり覚えていないんですけどね。(たまたま)ロビーに居合わせていて、『こっちに来いよ』と誘ってくれた感じです」
 
 チームメイトとの会話では、やはりA代表の話題が持ち上がったらしい。次なる目標はロシアということになるのだろうか。
「そこまで具体的な話はしていないですが、たぶんみんながそう思っていると思うし、そういう意味では今日までは仲間ですが、帰ったらライバルになる。また切磋琢磨していきたいですね」
 
 最後に「今、一番何がしたい?」と報道陣に問われた南野はこう答えた。
「練習がしたいです。休みはいらない。チームに帰ってバリバリやりたいですね」
 
 リオ五輪での悔しさを、来るべき新シーズンにぶつけるつもりだ。
 

【リオ五輪PHOTO】日本の全ゴールシーン

最終更新:8/13(土) 6:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。