ここから本文です

【SBSカップ】低調な出来に同点ゴールの吉平翼がチームメイトに苦言。「もっと自分を出して良い」

SOCCER DIGEST Web 8/13(土) 8:00配信

「必ず点を取って逆転までしてやろうという気持ちしかなかった」

[SBSカップ第1試合]静岡ユース1(4PK2)1U-19日本代表/8月12日/愛鷹広域公園多目的競技場 ※前後半40分ハーフ
 
 12日に静岡ユースとの第2戦を迎えたU-19日本代表は、終了間際に1-1の同点に追いついたものの、PK戦の末に敗れて今大会2敗目を喫した。
 
 残念な結果に終わったが、最後まで「意地」を見せようと戦っていた選手が存在したのは確かだろう。終了間際に同点ゴールを奪った吉平翼(大分)は、そのうちのひとりだと言って差し支えない。
 
 U-19コスタリカ代表との第1戦では2トップの一角で先発したが、この日はベンチスタート。そんな吉平に出番が訪れたのは、77分だった。
 
「負けられない相手なんでまずは同点にして、少ない時間でしたけど、必ず点を取って逆転までしてやろうという気持ちしかなかった」
 
 強い覚悟を胸にピッチに飛び出してから2分後、さっそく見せ場が訪れる。岩崎悠人(京都橘高)の左クロスを受けた菅大輝(札幌U-18)のヘディングシュートがGKに弾かれると、こぼれ球にいち早く反応。泥臭くゴールへと押し込み、土壇場で試合を振り出しに戻して見せた。
 
 結局、逆転弾こそ奪えなかったが、吉平の強い気持ちは見事に結果へつながり、ひいては、今後の代表メンバー生き残りへ強烈なアピールになったのは言うまでもない。出場時間はわずかながらも、とりわけ、前半からどこか覇気がなく、消極的な戦いが目立ったこの日のチームにとり、異様な存在だったと言っても良いだろう。
 
 実際、試合の大半をベンチで見守っていた本人も、前半からのチームの戦いぶりには違和感を覚えていたと言う。
 
「このチームでプレーするのが初めての選手が多いなかで、思い切ってやれていないのかなという風にしか見えなかった。もっとやらないといけないと思うし、上手くいかないならその意思を伝えるべきだと思う。やるべきことはたくさんあったはずで、それをまったくできていなかった」
 
 辛辣とも受け取れる言葉だが、内山篤監督が「前半は50歳のサッカー」と評したように、その出来はお世辞にも褒められたものではなかった。
 
 味方が中盤でボールを保持しても、前線で動きが見られない。そんなシーンは序盤から何回も散見され、前線からのプレスの勢いもどこか中途半端。その結果、敵陣からロングボールを放り込まれて、危うくピンチを招きかける場面も目に付いた。
 

1/2ページ

最終更新:8/13(土) 8:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。