ここから本文です

【川崎】中村憲剛が宇宙と生交信する理由。川崎が仕掛けるスポーツによる幸せ作りとは?

SOCCER DIGEST Web 8/13(土) 16:27配信

国際宇宙ステーションとスタジアムの生交信は世界初。

 ロシアの宇宙船ソユーズは、無事に飛んでいるだろうか?
 
 川崎フロンターレのプロモーション部部長、天野春果は気が気でなかった。打ち上げられたソユーズに、日本人の大西卓哉宇宙飛行士が搭乗していたからだ。
 
 国際宇宙ステーション(ISS)と川崎フロンターレのホームスタジアムを結ぶ、2016年8月16日の生交信が近づいていた。大西宇宙飛行士のISS到着が遅れると、生交信の実現が危うくなる。何事もなく、予定どおりに到着するはず。天野は自分にそう言い聞かせながら、やはり無事を祈らずにはいられなかった。
 
 天野が準備を進めてきたスタジアムでISSと生交信というのは、日本はおろか世界でも前例のないイベントだ。最初の着想から足掛け5年――。何の伝手もないゼロから企画実現の方法を探り、アメリカ合衆国のNASA(航空宇宙局)との交渉が可能となってからも、日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)とともに調整していく作業は「一筋縄では行かなかった」(天野)。
 
 精神的に激しく打ちのめされたのは、宇宙飛行士の週休2日制により、週末のJリーグに合わせた生交信イベントの開催が不可能だと判明した時だ。なんとか例外を作れないものか、いろいろ模索はしてみたものの、確認できたのは次の結論だった。
 
「宇宙飛行士の土日休みは、オバマ大統領でも動かせません」
 
 天野は頭を切り替えた。イベントは2日に分けて開催する。初日はJリーグのヴァンフォーレ甲府戦がある8月6日(土)に、宇宙と交信する2日目は、NASAとの交渉の末、10日後の8月16日(火)に決定した。
 
 素朴な疑問は天野の耳にも届いている。サッカークラブがどうして宇宙の企画を? しかも、試合のない平日の夜に、収益には直結しない入場料無料のイベント―一部に有料のグッズ販売やアトラクションもあるとはいえ―を、わざわざ開催する理由はどこにあるのか?
 
「みんなから不思議がられますよ」
 
 準備のための道のりが平坦でなく、時には曲がりくねっていたのは、ISSとの生交信だけではない。盛りだくさんの企画は2日間の合計で30種類以上。その中には、天体望遠鏡のトップメーカー『Vixen(ビクセン)』とのコラボ双眼鏡販売があり、特殊な器具をスタジアムまで運んでくる無重力体験ブースがあり、室内練習場を利用したウォークスルー型のプラネタリウムもある。

1/5ページ

最終更新:8/13(土) 19:14

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。