ここから本文です

【J1採点&寸評】横浜 1-1大宮|目の覚めるミドルを突き刺した泉澤がMOM。チームを救ったファビオも高く評価

SOCCER DIGEST Web 8/13(土) 23:02配信

横浜――数的不利を招いた喜田は厳しく評価。

[J1第2ステージ8節]横浜 1-1 大宮/8月13日/ニッパツ
 
【チーム採点・寸評】
横浜 6
大宮の組織的な守備の前に終始、苦しめられた。それでも後半にいくつかの決定機を築いたが、それを決め切れずにいると、ミドル一発でリードを奪われる展開に。とはいえ、ファビオの起死回生のヘディングシュートで辛うじて勝点1を掴み、いまだ第2ステージは無敗。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
1 榎本哲也 6
1失点も、これは泉澤のシュートを褒めるしかない。その以外では最後まで安定したキャッチングを見せ、勝点1に貢献した。
 
DF
13 小林祐三 5.5(88分OUT)
スローインから泉澤に背後を取られたディフェンスはいただけない。前に出ていくシーンも限られており、ややインパクトに欠けたか。
 
22 中澤佑二 6
ほとんどミスのないプレーで最終ラインを統率。ラストワンプレーでは、沼田が打とうとしたところに飛び込んでブロック。事なきを得た。
 
5 ファビオ 6.5
カイケのクロスにヘッドで合わせて、チームを救う値千金の同点ゴールをゲット。自陣エリア内ではタイトな守備を見せた。
 
24 金井貢史 5.5(79分OUT)
齋藤が機能しないと、攻撃面で良さを見せられない印象。フリーの状態で入れたクロスがラインを割るなど、今ひとつピリッとしなかった。
 
MF
28 喜田拓也 5
相手のカウンターに対しては身体を張って守っていたのだが……。家長の決定機を阻止するファウルで一発レッドと、悔しい内容に。
 
8 中町公祐 5.5
パスミスでプレーを切る場面が散見された。もっとも、テンポ良く散らしながら、周囲の選手に前を向かせた。
 
20 マルティノス 6
裏を突く動き出しでチャンスを演出。57分には齋藤のパスに抜け出してGKと1対1になったものの、横パスを選択して決定機を活かせなかった。
 
29 天野 純 5.5(71分OUT)
6分にはマルティノスのクロスに思い切り良く飛び込んだが決め切れず。攻撃を加速させるスルーパスもあったが、決定的な働きは示せずに途中交代。
 
11 齋藤 学 6
良い形でパスが届かなかった前半は沈黙。45分の狙いすましたシュートも威力がなかった。後半は一転、キレを取り戻し、攻撃に勢いをもたらした。

1/3ページ

最終更新:8/13(土) 23:03

SOCCER DIGEST Web