ここから本文です

GK西川が2試合連続アシスト!10戦負けなしの浦和、首位・川崎をピタリ追走

SOCCER DIGEST Web 8/13(土) 20:05配信

武藤の3試合連続弾で先制。西川のフィードをズラタンが決めて2点目。

[J1第2ステージ8節]名古屋0-2浦和 8月13日/豊田ス
 
 J1第2ステージ8節の名古屋対浦和が8月13日、豊田スタジアムで行なわれ、浦和が2-0で勝利した。

【名古屋 0-2 浦和 PHOTO】武藤、ズラタンの2ゴールで浦和が勝利、名古屋は白星が遠く…



 立ち上がりから前線の李や武藤を起点にビッグチャンスを作った浦和は、以降も上手くボールをキープしながら試合をコントロール。永井のスピードを生かした名古屋のカウンターをいなしつつ、ゴールに迫った。
 
 そうして迎えた44分。中央での細かいつなぎから、柏木がエリア内へラストパス。これを受けた武藤が左足で流し込んだ。
 
 後半はお互いに目立ったチャンスを作れないまま時間が経過。浦和は63分に高木のクロスに合わせた武藤がシュートを放つもこれは上へ外れた。名古屋は70分にショートCKから田口が際どいクロスを送るも、DFに撥ね返される。
 
 1点ビハインドの名古屋はその後、69分に松田、77分に磯村を入れて攻撃の活性化を狙うも、奏功せず。
 
 すると、浦和は87分にGK西川のフィードに抜け出したズラタンが、決定的な2点目を見舞った。
 
 西川は前節の湘南戦でもフィードでアシストをマークしており、これで2試合連続。フィールドプレーヤー顔負けのキック精度を披露し、チームの勝利に貢献した。
 
 試合はそのまま2-0で終了。アウェーチームが勝点3を得た。浦和はこれで公式戦10戦負けなし。年間順位2位をキープし、首位の川崎をピタリと追走している。

最終更新:8/13(土) 21:28

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。