ここから本文です

広島が苦しみながらも逆転勝ち。湘南・曹監督は「ハンド取ってもらえなかった」と判定に不服

SOCCER DIGEST Web 8/13(土) 22:35配信

広島はP・ウタカ、丸谷のゴールで逆転に成功。

[J1・第2ステージ8節]湘南1-2広島 8月13日/BMWス

 広島が逆転勝利で第2ステージ初の連勝を飾った。

まるでノイアーみたいなGK!? 9秒台狙う桐生祥秀のサッカー少年時代を恩師、後輩らが証言

 広島は20分、湘南の端戸に先制点を許す苦しい展開を強いられたが、前半終了間際の43分にP・ウタカがターンで相手DFをかわしてシュートを突き刺し同点とする。

 さらに60分には、柏の仕掛けからラストパスを受けた丸谷がミドルシュートを叩き込んで広島が逆転に成功。このままリードを守り切った広島が苦しい試合を勝ち切った。

 広島の森保監督は試合後、「湘南の出足が素晴らしかった。耐えていこうよという感じだった」と苦しい試合だったことを告白。それでもタフなゲーム運びで走力のある湘南を抑え切った。これで広島は年間順位で4位をキープし、第2ステージでは6位に浮上した。

 一方の湘南は6連敗を喫し、年間順位と第2ステージともに17位。曹監督はテレビのインタビューで、「ハンドに見えたプレーがあったが取ってもらえなかった。今の状況を表わしている」などと語り、主審の判定に疑問を抱いている様子だった。
 

最終更新:8/13(土) 22:36

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。