ここから本文です

最高倍率76倍の「トランスイート四季島」 超豪華列車の誕生が待ちきれない!

CREA WEB 8/13(土) 12:01配信

豪華列車の旅で注目の新潟“いいとこ”巡り

 2017年5月1日から運行開始されるJR東日本の豪華列車「トランスイート四季島」。上野駅を出発して東北地方をぐるっと一周し、さらに青函トンネルを抜けて登別・ニセコにまで至る3泊4日の優雅な旅のラストを飾るのは、日本を代表する米どころ・新潟県。

 日本人に生まれてよかった……をしみじみと実感する美味しいお米と新鮮な魚介、そして風味も多彩な銘酒の数々を堪能するだけでなく、江戸時代から受け継がれる頂点の職人技の世界も体感することができるのです。

ノーベル賞の晩餐会でも使われる燕の洋食器

 新潟の特産といえば、お米だけではありません。海外にもその名を知られるのが、燕の洋食器。ノーベル賞の晩餐会で使われているカトラリーも実はこの地で作られているそうで、“メイド・イン・ジャパン”の逸品が、まさに世界中のVIPをもてなす華やかな宴を陰ながら支えているのです。

 燕市産業史料館は、江戸時代から受け継がれてきた匠たちのクラフトマンシップが近代日本の発展に大きな役割を果たしたことを楽しく学べるミュージアム。現代では、こうした職人さんたちの知恵と技術は、最新鋭のロケットにまで生かされているといい、その奥深さに興味津々……。

 地元の伝統産業に関する展示のほか、さまざまな貴重なコレクションも見ものです。とくに“世界のスプーンコレクション”は必見! 古代エジプト人が使ったものから、ため息が出るような美しさの“プリカジュール”、さらにはアイスクリームについてくる使い捨てスプーンに至るまで、蒐集した人の熱意に圧倒されるばかり。外国からの見学者も「これはすごい!」と感激する、世界的にも類をみない唯一無二の空間となっています。

燕市産業史料館
所在地 新潟県燕市大曲4330-1
アクセス JR燕三条駅から車で約5分
電話番号 0256-63-7666
開館時間 9:00~16:30
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始
料金 大人300円
URL http://www.city.tsubame.niigata.jp/shiryou/

1/2ページ

最終更新:8/13(土) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。