ここから本文です

バンド部にハイテク機能を凝縮した腕時計

R25 8/14(日) 7:00配信

今では珍しくなくなった腕時計型のウェアラブル端末。1 日の活動量を計ったり、スマホへのメールや電話の着信を通知したりしてくれるので、活用している人も多いかもしれません。その一方、いかにもガジェット然とした形状が気になり、購入をためらっていた人も多いのでは?

「もう少し、見た目が普通の腕時計ならいいのに…」。そんな声に応えるがごとく発売されたのがソニーの 新規事業創出プログラムから生まれた『wena wrist』です。

『wena wrist』は、一見するとメタルバンドのオシャレな腕時計。文字盤はアナログで、シンプルなThree Hands(三針)モデルとクロノグラフモデルが存在します。スーツにも違和感なく馴染む3針モデルは、ビジネスシーンにもぴったり。また、クロノグラフのスポーティーさはカジュアルな装いとも相性が良さそうです。

時計の顔となるヘッド部を含め、 本体デザインは腕時計のデザイン実績のある社内デザイナーが担当。クオーツ式のヘッド部の設計・製造はシチズンによるもので、実はそこにウェアラブル端末としての機能は、入っていません。ウェアラブル端末の部品は、バンド部のみに集約されている思い切った構造が特徴で、バンドを構成する一番大きなピースに基板やバイブ、アンテナなどの基幹部品を収め、別の2つのピースにはバッテリーを内蔵しています。

さて、肝心の機能ですが、『wena wrist』では、「持ち物を減らし、身軽なライフスタイルを提供」するために、むやみに多機能を追い求めず、「電子マネー機能」「通知機能」「ログ機能」の3つに機能を厳選しています。

「電子マネー機能」は、フェリカネットワークスの「おサイフリンク」アプリをインストールしたiPhone で使うことができる機能。楽天Edy、iD、QUICPay などの電子マネーサービスに対応し、時計のバンド部をリーダーにかざすだけで支払いが完了します(Android 端末では設定不可、ただし、ソニーFirst Flightのオンラインショップにある「楽天Edy 初期設定代行サービス(有料)付き商品」の購入で利用が可能に)。

「通知機能」は、wena wristの専用アプリで必要な通知だけを選んで、それぞれの振動パターンやLEDの色を指定。その振動とLEDにより、メール受信やSNS更新に加え、特定の人からの着信も通知します。

「ログ機能」は、日々の活動量を記録する機能。一日の歩数や消費カロリーなどは、専用アプリから確認できます。一日の目標歩数を設定すれば、現在の達成度なども見ることができます。

日常の使い勝手ですが、バンド部の機能を使うための充電時間は約1.5 時間で連続動作時間は約1 週間。ちなみに、ヘッドのアナログ時計はボタン電池で駆動するので、Three Hands(三針)モデルで3年、クロノグラフモデルで5年動作します。また、ヘッド部は3気圧防水に、バンド部はIPX5 / IPX7防水に対応するなど、普段使いの時計として必要十分なスペックを有しています。

腕時計が長年培ってきた伝統的なスタイルを大事にしながら、新しいテクノロジーも身に着けたいという人に向けたアイテムです。

(コージー林田)『wena wrist』(ソニー/価格:4 万6224 円~7 万5384 円)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/15(月) 22:54

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。