ここから本文です

客室乗務員100人に聞いた! 疲れを見せない【CA的神コスメ】ランキング

集英社ハピプラニュース 8/14(日) 21:00配信

「MAQUIA」9月号では、職業別に見る救世主コスメを紹介中。今回は、ハードワークでも疲れを見せない客室乗務員に注目! Peach客室乗務員100人に聞いた神コスメをお届けします。

Peach客室乗務員100人に聞いた
◆ハードワークでも美人コスメ◆
乾燥する機内や立ちっ放しの状況でも快適に過ごせる、CA的神コスメをリサーチ!

<<いつ・どこへ行っても安定肌をキープできる化粧水>>

1位
イミュ
☆ナチュリエ
スキンコンディショナー☆
500ml ¥650

<量を気にせずたっぷり使えるサイズ感も魅力>
「安いのにたっぷり大容量!」「値段を気にせずパシャパシャ重ねづけできる」とコスパの良さが魅力。また、「保湿力が高いのにベタベタしない」「ニキビ肌になりにくくなった」という天然植物成分のシンプル処方も相まって、堂々1位を獲得!


2位
無印良品
☆化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ(大容量)☆
400ml ¥1112/無印良品 池袋西武

<ゆらぎがちな肌を立て直し、しっかり保湿>
乾燥が気になる敏感肌にも、安心して使える優しい処方。「ベタベタせず、肌にぐんぐん浸透していく!」とテクスチャーも評判。


3位
マックス ファクター 
☆SK-II フェイシャル
トリートメント エッセンス☆
160ml ¥17000

<使い続けるほどに透明感のあるクリアな肌へ>
ロングセラーの名品化粧水もCAから高支持率。「不規則な生活をしていても、これを使えば肌の状態が回復する」と頼りになる一品。


<<肌落ちを救う一発逆転美容液>>

1位
エスティ ローダー
☆アドバンス ナイト
リペア SR コンプレックス II☆
50ml ¥13500

<寝ている間に肌をしっかりリペア>
肌本来の代謝分解プロセスをサポートし、日中受けたダメージを寝ている間に修復。「疲れてるな~と思った肌も、つけて寝るだけでパーンと復活!」「手が吸い付くぐらいモチモチになる」と、多忙を極めるCAの肌の強い味方!


1位
コスメデコルテ
☆化粧液☆
40ml ¥10000

<肌のバリア機能を強化>
特に乾燥した部分を狙いを定めて保湿! 「肌へ浸透するスピードが早く、季節を問わず使いやすい」「夜につけるつけないで、翌朝の肌状態やメイクのりが歴然!」と肌を安定させる効果が。


2位
キールズ
☆ミッドナイトボタニカル
コンセントレート☆
30ml ¥6000

<夜更かし肌もみるみる蘇る!>
睡眠中の肌の生まれ変わりを助ける夜用美容オイル。「あまり眠れなかった日でも、たっぷり寝た後のような元気な肌になれる」なんて驚きの声も。


<<立ち仕事の味方! むくみ解消アイテム>>

1位
ドクター・ショール
☆寝ながら
メディキュット ロング☆
オープン価格

<疲れた脚をスッキリ軽やかに>
投票数30票以上と、圧倒的な支持を受けたのがメディキュット! その中でもコメントの多くが、「履いて寝るだけで、翌朝スッキリ」とながら美容ならではの手軽さを絶賛。ステイ先に必須とのこと。


2位
クラランス
☆トータル
リフトマンスール EX☆
200g ¥7300

<カチカチに固まったセルライトまでケア!>
マッサージと併用することで、セルライトまで撃退! 「10時間以上のフライトで疲れた脚もスッキリ」と心強いアイテム。


3位
ヴェレダ・ジャパン
☆ホワイトバーチ
ボディオイル☆
100ml ¥3800

<しなやかなボディラインへ>
代謝機能を高めて血行を促進。「マッサージをしながら香りにも癒される」「専用ブラシを使えば効果大!」との声も。


◆ハミダシ◆
<<機内のお助け保湿ランキング>>

1位
ロクシタンジャポン
☆ローズ モイスチャー
フェースミスト☆
50ml ¥2200

肌をうるおいで満たしながら、ローズの優雅な香りで仕事中もリラックス♥


2位
ロクシタンジャポン 
☆シア ハンドクリーム☆
30ml ¥1200

こっくりと濃厚な保湿力がありながら、ベタつかない使用感。作業中でも使いやすい!


3位
ニベア花王 
☆ニベアクリーム☆
50g オープン価格

手はもちろん、顔やカラダなどマルチに使えるクリーム。乾燥が気になる部分にサッとON。

集英社

最終更新:8/14(日) 21:00

集英社ハピプラニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。