ここから本文です

【夏の甲子園】「寺島vs藤平」ドラ1候補が激突。「松坂vs杉内」「斎藤vs田中」ら過去にも好投手の投げ合い

ベースボールチャンネル 8/14(日) 6:50配信

2回戦で優勝候補が対戦

 開幕している第98回全国高校野球選手権大会2回戦で、優勝候補同士の直接対決が早くも実現する。

 スカウトの間でもドラ1候補と評判の横浜・藤平尚真と履正社・寺島成輝の投げ合いだ。

 藤平は1回戦の東北(宮城)戦で6.2回を投げ、被安打6、13奪三振、1与四死球、自責点1と好投。13-1で大勝した試合の立役者となった。
 
 一方の寺島は、1回戦の高川学園(山口)戦で9回を被安打2、11奪三振、1失点完投勝利。ドラ1候補の評価を確実にする一発回答で、そのポテンシャルを見せつけている。

 多くの高校野球ファンがこの一戦を待ち望んでいるが、過去にも観るものをワクワクさせる好投手の投げ合いによって、甲子園を沸かせてきた。

現役プロ野球選手が甲子園で見せた投げ合い

 現在プロで活躍している選手同士が投げ合った、熱戦をいくつか紹介したい。

1998年(第80回)第2回戦 横浜高校 対 鹿児島実業

 横浜(神奈川)の松坂大輔(現ソフトバンク)と、鹿児島実業(鹿児島)の杉内俊哉(現巨人)の投げ合いだ。松坂は同年のセンバツ大会を制覇。春夏連覇を目指して甲子園に出場した。1回戦の柳ヶ浦戦は四死球6つを与えながらも、9回を投げて3安打9奪三振で完投勝利(6-1)をあげた。一方の杉内も注目の左腕として甲子園に出場、1回戦の八戸工大一高戦では16三振を奪い、ノーヒットノーランを達成した。

 注目を浴びた二人の対決は、5回に横浜の後藤が杉内からセンターに犠牲フライを放ち先制すると、8回には松坂が杉内からレフトへ2点本塁打。この回一挙5安打5得点の猛攻で、横浜が6-0で勝利した。同校はそのまま大会を制した。

・杉内俊哉 9回 被安打9 5奪三振 2与四死球6失点
・松坂大輔 9回 被安打5 9奪三振 0与四死球0失点


2006年(第88回)夏の甲子園決勝 早実 対 駒大苫小牧 

 早稲田実業(西東京)の斎藤佑樹(現日本ハム)と、駒大苫小牧(南北海道)の田中将大(現ヤンキース)の投げ合い。3連覇を狙った駒大苫小牧のエース田中は、3回二死の場面でマウンドに上がり二者連続三振で抑えた。その後、両者一歩も譲らない展開が続く。ところが、8回表斎藤は駒大苫小牧の三木悠也にソロホームランを浴び、先制を許す。しかしその裏に、早実も後藤貴司の犠牲フライで同点に追いつく。その後はスコアボードに0を並べ、延長15回終了時点で1-1と決着がつかず、51回大会以来史上2度目の決勝引き分け再試合となった。田中は12.2回、斎藤は一人で15回を投げ切った。

 翌日の再試合では、早実が初回から田中を攻める。先頭打者・川西啓介の四球を皮切りに3者連続出塁で1死1、2塁にすると船橋悠のヒットで1点を先制。続く2回も田中は先頭打者の内藤浩嵩を四球で出すと、その後川西のヒットで2-0とリードされる。駒大苫小牧は斎藤から6回に三谷忠央の本塁打で1点を返すが、田中がその直後に追加点を許し突き放される。結局田中は8回途中で交代となった。斎藤は9回に中沢竜也の2点本塁打を浴びるが、後続が続かず4-3で早実が悲願の初優勝。2日間24回を一人で投げ切った。

(決勝)
・田中将大 12.2回 被安打7 10奪三振 3与四死球 1失点
・斎藤佑樹 15回 被安打7 16奪三振 6与四死球 1失点

(決勝再試合)
・田中将大 7.1回 被安打4 4奪三振 3与四死球 3失点
・斎藤佑樹 9回 被安打6 13奪三振 0与四死球 3失点


2009年(第91回)夏の甲子園1回戦 花巻東 対 長崎日大

 花巻東(岩手)の菊池雄星(現埼玉西武)と、長崎日大(長崎)の大瀬良大地(現広島)の投げ合い。同年の春の決勝戦で花巻東・菊池は、今村猛(広島)のいた清峰に0対1で敗退。その今村を県大会で破って甲子園に出場してきたのが、長崎日大のエース・大瀬良だった。

 菊池は長崎日大に8回までに本塁打を3本打たれるなど、本調子に程遠く、味方の打線の援護に恵まれて完投した。大瀬良は7回途中まで投げ被安打7、3奪三振、1与四死球、自責点4で寺尾智貴と交代。その後、8回に再びマウンドに上がるも、追加点を許さなかった。9回に松尾晋也が四球で出塁するも、得点を奪えず花巻東が8-5で勝利を収めた。

・大瀬良大地 7.1回 被安打8  3奪三振 1与四死球4失点
・菊池雄星  9回  被安打9  5奪三振 2与四死球5失点

1/2ページ

最終更新:8/15(月) 10:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。