ここから本文です

史上初のプレミア王者“開幕黒星”のレスター 岡崎も英メディア採点で平均点以下が並ぶ

Football ZONE web 8/14(日) 6:10配信

後半23分から途中出場 攻撃にリズム生むも見せ場は少なく

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、13日のハル・シティとのプレミアリーグ開幕戦に後半23分から途中出場したが無得点に終わった。チームも1-2で敗れ、史上初めて前年王者が開幕戦に敗れるという不名誉な記録を打ち立てる最悪のスタートとなった。岡崎自身もインパクトに乏しく、英メディアの採点でもいまひとつの評価となった。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 試合は前半アディショナルタイム2分に、ハルのFWディオマンテがFWエルナンデスとのダブル・オーバーヘッドキックでネットを揺らして先制。後半開始2分にMFマフレズがPKを決めてレスターも追いすがったが、同12分にMFスノッドグラスが強烈なミドルシュートを決めて、ハルが勝ち越し。監督不在、負傷者続出で試合前には起用できるトップチームの選手がわずか13人とレポートされていた崩壊寸前の昇格組ハルに敗戦を喫した。

 岡崎は後半23分にMFグレイに代わってピッチに登場。中央でうまくボールを引き出し、攻撃にリズムをもたらしたが、得点につながるプレーはできなかった。左足のミドルシュートと、左からのクロスを頭で合わせるシュートチャンスもあったが、枠を捉えることはできなかった。

 英紙「デイリー・メール」の採点で、岡崎は平均点以下で、チームワーストタイの5.5点となった。攻守に勢いと安定感を欠いたレスターの選手は総じて低めの採点で、得点を決めたマフレズや新加入のFWムサら4人がチームトップタイの6.5点だが、昨季24得点のエースFWヴァーディはチャンスをふいにする場面が目立ち、岡崎と同じ5.5点だった。

次戦以降でスタメンを奪還できるか

 その他、英衛星放送「スカイ・スポーツ」の採点では、岡崎は平均点と言える6点。レスターの選手には甘めの採点をつけることが通例の地元紙「レスター・マーキュリー」では、途中出場の岡崎に採点は付かなかった。

 昨季は開幕前に英ブックメーカーに付けられた5001倍のオッズを覆す奇跡の優勝を成し遂げたレスターだったが、まさかの失態で苦しい黒星発進。開幕戦先発落ちとなった岡崎は、次節以降で定位置を奪い返すことはできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/14(日) 8:47

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。