ここから本文です

差し馬優位の関屋記念。狙うは、前走で痛恨ミスのダノンリバティ

webスポルティーバ 8/14(日) 7:31配信

◆ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 8月も2週目となり、暑さのピークを迎えていますね。そんな中、8月14日には新潟競馬場でサマーマイルシリーズ第2戦の関屋記念が行なわれます。

競走馬としては珍しい白毛のシロニイ

 舞台は、芝コース外回りのマイル戦(1600m)。最後の直線が東京コースよりも長いゆえ、向こう正面のスタート位置から3コーナーまでの直線はそれほど長くありません。それでも、距離は十分あるため、前半のポジション争いが激しくなることはなく、ペースは落ち着きやすいと思います。

 だからといって、先行馬が有利とは言えません。というのも、新潟・芝コースの最後の直線は、基本的に真ん中よりも外のほうが伸びる傾向があるからです。だいたい、直線が600m以上もあると、なかなか逃げ切るのは難しいもの。後方で控えて、直線で外目に出した馬のほうが好走するケースが多いです。

 昨年勝ったレッドアリオンは、スタートからしばらくして先頭に立ち、そのまま1着でゴール。見た目には逃げ切り勝ちのように見えましたが、実際には差しの競馬をしていました。直線でうまく脚をためて、終(しま)いよく伸びていましたね。

 今年も、おそらく差す競馬ができる馬が優位だと思います。そうなると、外差し決着だった中京記念(7月24日/中京・芝1600m)の上位入線組に、まずは注目すべきでしょうね。

 このレースにも出走する最先着馬は2着のピークトラム(牡5歳)ですが、僕が注目しているのは、3着だったケントオー(牡4歳)です。

 前走の中京記念、同馬はまずまずのスタートを決めながらも、後方まで下げて脚を温存。直線に向いたところでも、まだ最後方にいて、とても勝負圏内には入ってこられないと思いました。しかし外目に出すと、グイグイ伸びてきて3着入線を果たしました。

 大外まで出してしまうとロスが大きくなるのですが、馬場の七分どころを選んだこともよかったと思います。それにしても、その伸び脚は目立っていました。

 鞍上は、引き続き和田竜二騎手。主戦場は小倉ですから、そのまま残っていれば有力馬の依頼も多かったはずです。とすれば、たとえ重賞でも勝算がなければ遠征してこないと思います。それだけ、和田騎手も手応えを感じているのでしょう。楽しみな1頭です。

 中京記念上位入線組で注目したい馬がもう1頭います。5着だったダノンリバティ(牡4歳)です。

1/2ページ

最終更新:8/14(日) 7:31

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。