ここから本文です

オリックス糸井が4000打数到達、プロ通算打率3割の領域に。史上最年長タイ盗塁王も射程圏内

ベースボールチャンネル 8/14(日) 8:00配信

現役では内川が.310とハイアベレージ

 オリックス糸井嘉男のバットが好調だ。今季はここまで打率.298でリーグ3位、安打数は114本でリーグ7位の成績を挙げている。そして、プロ入り通算4000打数に到達した。糸井のプロ通算成績は以下の通りとなっている。

◆糸井嘉男のプロ通算成績
1126試合 4003打数 1202安打 打率.300

 糸井は13日に行われた西武戦(西武プリンスドーム)の第1打席で、通算打率の規定打数として定められている4000打数に到達。結果は投手ゴロに終わったが、この時点で通算打率は.300。通算打率の規定打数をクリアしている現役選手のなかで打率3割台は、ソフトバンクの内川聖一と糸井の2人になった。

 8月13日の試合終了時点で、4000打数以上の現役選手の通算打率ベスト5は以下の通りとなっている。

◆現役選手の通算打率ベスト5
1位 内川聖一(ソフトバンク)5964打数1847安打 打率.310
2位 糸井嘉男(オリックス)4003打数 1202安打 打率.300
3位 福留孝介(阪神)5214打数1546安打 打率.2965
4位 中島宏之(オリックス)5150打数1526安打 打率.2963
5位 松井稼頭央(楽天)7047打数2060安打 打率.292

 ソフトバンクの内川が.310のハイアベレージでトップ。糸井は2位にランクインされた。その他の3人は惜しくも2割9分台と3割には到達していない。現在の糸井は.300なので、このまま順調に3割台を維持できるかどうか注目だ。

 長いプロ野球の歴史上でも、引退後に通算打率3割という記録が残っている選手は22人しかいない。トップが.320の成績を残したレロン・リー(ロッテ)、それに次ぐのが.319という記録を保持する小さな大打者、若松勉(ヤクルト)である。

キャリア4度目の3割30盗塁なるか

 187センチ88キロの恵まれた体格で、身体能力の高さは球界でもトップクラスの糸井。日本ハム時代の09年から6年連続3割を記録していたが、昨季は左ひざの怪我も影響して打率が.262と低迷。レギュラーに定着してから初めて3割を切り、連続記録が途絶えた。

 今季はその悔しさをぶつけるシーズン。11、13、14年に次いで、2年ぶり4度目の3割30盗塁も現実味を帯びている。糸井は過去に30盗塁以上を3度記録していて、現在リーグ1位の40盗塁を記録。すでに30盗塁はクリアしている。

 今季、盗塁王を獲得すれば史上最年長タイ記録となる。35歳での盗塁王は、82年の福本豊(阪急)、92年の大石大二郎(近鉄)と並ぶ記録だ。

 かつてトリプルスリーに最も近い男といわれ、「超人」と称されることもある糸井。怪我を乗り越え復活を遂げた男は、文字通り球界を代表する打者として名を連ねる。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:8/14(日) 8:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ