ここから本文です

【ビジネス女子マナーQ&A】上司からFacebookに友達申請がきたとき、エレガントに断る方法

Suits-woman.jp 8/14(日) 12:00配信

仕事、会社関係の方とのSNSのビジネスマナーについて紹介している今月の女子マナー診断。今回は、上司から届いたFacebookの友達申請の対応法についてです。「上司からFacebookやってるの? と聞かれたときにはどう返事をしたらいいのでしょうか?」(不動産会社勤務・32歳)という質問も寄せられています。働く女性の便利ツールとして浸透しているSNS。とくに実名登録が基本になっているFacebookは、個人情報の宝庫ともなっています。Facebookは楽しんでいるけれど、上司には見られたくない、見せたくない。そんなときに、エレガントに断るにはどうしたらいいのでしょう。鈴木真理子先生に教えていただきます。

関わりたくない相手からの友達申請はスルー

この時期は楽しいイベントごとが多かったり、夏季休暇があったりと、Facebookの投稿数がいつも以上に増えますし、上司の方々も部下はFacebookをやっているのかな、と調べたくなる人が多いようです。ネットリテラシーが低い方であればあるほど、インターネット上に知り合いの名前を見つけると、相手への迷惑や気遣いを考えずにポンポンと友達申請ボタンを押してしまいがちです。

それを承認するか否かの判断材料はただひとつ。「その人とネットで関わってもいいのか、いやなのか」という自分の気持ちだけです。

ちなみに、わたしの周りでは大半の人が上司からの友達申請をスルーしています。承認しないと、その人から目の敵にされてしまうかもと承認した人は少数派です。

上司が見ているかもという思いが頭の片隅にあれば、公開する前にいったん立ち止まることができるというメリットもありますが、ひとたび承認してしまうと、相手がFacebookに投稿したものを、あなたが見ているはずと先方は考えます。すると、「いいね」をしなければ感じが悪いかなとかコメントをしたほうがいいのかなとかを考えなければいけなくなり、ストレスを増すことに。であれば、最初から断ってしまったほうが手っ取り早いのではないでしょうか。

1/2ページ

最終更新:8/14(日) 12:40

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。