ここから本文です

ドルトムントCEOが主力流出に苦言 香川ら“出戻り組”も「移籍は過ちだったかもしれない」

Football ZONE web 8/14(日) 10:04配信

ヴァツケCEOが相次ぐメガクラブ移籍に警鐘を鳴らす

 ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが、2014年にマンチェスター・ユナイテッドから復帰した日本代表MF香川真司ら出戻り組について「ドルトムントからの移籍は過ちだったかもしれない」と批判している。ドイツ地元紙「Zeit」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ドルトムントにはユルゲン・クロップ前政権で評価を上げ、メガクラブ移籍を果たしながらも多くの出場機会を得られずに“出戻り移籍”を果たした選手が相次いでいる。

 11年にレアル・マドリードに移籍したトルコ代表MFヌリ・シャヒン、12年にユナイテッドに移籍した香川に続き、今季開幕前には13年にバイエルンへ移籍したドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが帰ってきた。

「ユナイテッドやレアルのような究極的な金満クラブで苦労することは恥でもなんでもない。チームとしてのスピリットを強調することよりも、チーム内でのより熾烈な競争が存在するからだ。(香川とシャヒンの)二人を復帰させたことは間違いではない。我々から移籍したことは過ちだったかもしれない」

 ヴァツケ氏はこう語った。ドルトムントでの輝きを新天地で放てなかった3選手の移籍の判断は、誤りだったと指摘している。

マンU移籍のムヒタリアンに痛烈な皮肉

 そして今夏は、ドイツ代表DFマッツ・フンメルスがバイエルンに、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがマンチェスター・シティに、そしてアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがユナイテッドに移籍。そのなかでヴァツケ氏は、ユナイテッドに強行移籍を果たしたムヒタリアンにも警告を発している。

「ヘンリク・ムヒタリアンにも聞いてみればいい。彼もイングランドのスーパーカップで93分間をベンチから見ることになったのだから」と語ったヴァツケ氏。昨季プレミア王者レスターとFA杯王者ユナイテッドとの対戦になったコミュニティー・シールドで、後半アディショナルタイムまで出番のなかった昨季ブンデスリーガのアシスト王の船出を皮肉った。

 ドルトムントからメガクラブに巣立つパターンは増えているが、ヴァツケ氏は残留の重要性を強調している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/14(日) 10:04

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。