ここから本文です

ニースに希望と光を。松嶋啓介シェフがチャリティイベントを開催

MEN’S+ 8/14(日) 23:27配信

フレンチレストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」にて主催、ニースで起きたテロ事件への支援を 目的としたチャリティイベント

 南フランス・ニースに本店を構えるフレンチレストラン「KEISUKE MATSUSHIMA(ケイスケマツシマ)」は、2016年8月18日(木)にチャリティイベント「PRAY FOR NICE」を開催します。

【ニースの航空写真を見る!】

 松嶋啓介シェフは、2002年にニースに1号店「Kei’s Passion」をオープンしたのをはじめ、外国人シェフとして最年少で一つ星を獲得。さらに日本人シェフとして初めて、「フランス芸術文化勲章」を授与されるなど、長年フランスをはじめニースとの深い関わりを持っています。 
 
 2016年7月14日(現地時間)、コート・ダジュールに面する世界的に人気の観光地ニースを、突如襲ったトラックテロ事件。当時、その現場にもいたという松嶋シェフが、「ニースに希望と光を取り戻してほしい」との思いから、今回のイベントを企画しました。 
 
 当日は立食形式で、ニースの料理とワインを提供。また、有志によるチャリティーオークションが行われ、オークションで落札された金額は、フランス大使館を通して全額ニース市に寄付されます。松嶋シェフとともに、愛を届ける手助けにぜひ賛同してください! 
 
 
 
◇詳細
「PRAY FOR NICE」~チャリティーオークション~
 
日時/2016年8月18日(木)
時間/19:00(受付18:30)~22:30 
場所/KEISUKE MATSUSHIMA 
住所/東京都渋谷区神宮前1-4-20 
   パークコート神宮前1f
会費/1万円(※立食形式、現金でのお支払い)
予定人数/最大70名様

メンズ・プラス編集部

最終更新:8/14(日) 23:27

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。