ここから本文です

緑色になったリオ五輪のプールから「おなら」の臭い

WIRED.jp 8/14(日) 17:32配信

リオデジャネイロ五輪会場のプールが一夜にして緑色に変わった件で(関連記事)、地元組織委員会の広報マリオ・アンドラーダは8月10日(現地時間)、「プールの水は、本日中に元の青色に戻るはずだ」と記者団に語った。

【緑のプールを見て】男子シンクロ高飛び込みの英国選手、トム・デイリーのツイート。

だが、そうはならなかった。それどころか、隣にある水球とシンクロナイズド・スイミング用のプールも緑色になり始めたという報道が流れた。

委員会はその原因として、プールの水処理用に使われる化学薬品切れや藻類の発生、プール使用者が多すぎたこと、pHバランスの悪化について検討している。

主催者側が、プールのpH調整に使用される塩酸などの化学薬品を切らしたというのは、ありうる話だ。プールのpHは通常、pH7前後に保たれており、それよりも高くなるとアルカリ性になる。アルカリ性に傾くと、塩素の殺菌力が落ち、藻類が入り込む恐れがある。

また、塩素の殺菌力が低下することは、ウイルスや細菌の繁殖にもつながる。当局は12日にプールを一旦閉鎖して水を浄化したが、ドイツの飛び込み選手は「建物全体がおならのような臭いがする」と話しているという。

不気味なプールのほかにも、リオ五輪では、野外のウォータースポーツ会場の水質汚染が懸念されている(関連記事)。オリンピック会場の海は「巨大なトイレ」と呼ばれるほど汚染がひどいのだ。

BETH MOLE

最終更新:8/14(日) 18:28

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。