ここから本文です

本田、やはりミランの放出対象へ。ウィンガー獲得の犠牲となるか

フットボールチャンネル 8/14(日) 11:00配信

 日本代表FW本田圭佑は、やはり今夏の放出対象とされているようだ。13日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じた。

【動画】伊紙を魅了 ミラン本田の真骨頂、“多彩な美技”

 今季からミランの指揮官に就任したヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、サイドアタッカーの獲得を望んでいると報じられている。以前から獲得の噂がされているのが、チェルシーに所属するコロンビア代表MFフアン・クアドラードとアヤックスに所属する21歳のFWアンワル・エル・ガジだ。そうなれば、資金面においても本田かMFスソがポストを明け渡すことになるとみられている。

 レンタル先のジェノアから戻ったスソは、今夏のプレシーズンに主役となって活躍。ボルドーとの親善試合では2得点を決め、モンテッラ監督が採用する4-3-3の布陣で右ウィングとして説得力のあるパフォーマンスを披露している。

 そこで、先日行われたTIMカップで対戦したリーガ・エスパニョーラのセルタ・デ・ビーゴが、スソの獲得のために700万ユーロ(約8億円)を提示。しかし、少なくとも1000万ユーロ(約11億円)以上を要求しているミランは、そのオファーを拒否したと報じられている。

 スソがチームへ残れば、必然的に放出の対象となるのが本田だ。本田はチームへ貢献しようと常に熱心にトレーニングに励んでいるが、今季で契約が切れることやモンテッラ監督のお気に入りの選手ではないことから、オファーが届き次第クラブは今夏に売却するつもりでいるとみられている。

 前日に発表されたレガ・カルチョによって今季も背番号10番を背負うことが確認された本田。しかし、今夏の補強の犠牲にされてしまう可能性は高いようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/14(日) 11:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。