ここから本文です

ちょっと変えるだけ!美人指数が上昇する渋赤リップの魔法 [with]

講談社 JOSEISHI.NET 8/14(日) 17:00配信

真っ赤よりも肌なじみがよく、しかも今年っぽさも満点。そんな秋の本命、渋赤リップにトライ。美人度を引き上げる塗り方や、色選びのコツにも注目!

教えてくれるのはヘア&メイクの中山友恵さん♪
「難易度が高そうに思える赤リップ。でも実は渋くて深い色みを選べば肌なじみもよく、今っぽさも出せるのです。お肌を明るく、キレイに見せるという特性もあるのですが、気をつけたいのが肌作り。ヌケ感が出るよう、ごく薄く、引き算したベースメイクが必須!」

with girls 橋本梓さん
「いつも同じようなメイクになりがちだった私。リップの色を変えるだけでこんなに違うなんて! アイラインも引いてないし、ほかのパーツも薄め。時短もできるなんて嬉しすぎる!」

1:唇中央に色をのせたらブラシをティッシュオフ
濃い色はていねいに塗ると清潔感が出るので、今回はブラシを使用。口紅をたっぷり唇の中央にのせ、ティッシュにブラシを挟んでオフしておく。

2:ティッシュオフしたブラシで色を唇全体に
1でのせた口紅を中央は濃いめ、アウトラインは薄めになるようにブラシで広げる。色は薄くとも唇の輪郭からはみ出ないよう慎重に行うこと。

3:指で唇のフチを軽く叩いてなじませる
肌の色と唇の色とのコントラストを緩和するため、唇のアウトラインを指でトントン。濃いリップが肌になじんで、ナチュラルな印象になる。

with2016年9月号より

最終更新:8/14(日) 17:00

講談社 JOSEISHI.NET