ここから本文です

「私が育てるの!? 育てちゃっていいの!?」好きなキャラを選んで育成・試合まで楽しめる『ハイキュー!! ドンピシャマッチ!!』リリース!

おたぽる 8/14(日) 16:00配信

――日夜膨大な量がリリースされるアプリゲーム関連情報。注目情報から世間の反応までを概観します。(週2回更新予定)

■『ハイキュー!! ドンピシャマッチ!!』 バンダイナムコエンターテインメントが8月より、iOS/Android向けアプリ『ハイキュー!! ドンピシャマッチ!!』の配信を開始した。週刊少年ジャンプで連載中、アニメも大人気の『ハイキュー!!』のキャラたちを育成して試合をするというこのゲームに、「私が育てるの!? 育てちゃっていいの!?」「どうしよう国見ちゃんがスマホにいるんだけど!!」とファンは大興奮の模様。

 ゲーム内に登場するのは「烏野高校」「青葉城西高校」「音駒高校」「伊達工業高校」「白鳥沢学園高校」の各選手たち。それらのキャラクターたちを自由に組み合わせ、自分だけのチームを作ることができる。これにはファンも「おいおい妄想してたチームが作れちゃうよ!」と喜びを抑えきれないようだ。Live2Dでリアルに再現されたキャラクターたちの一部はボイス付きで「ボイス豊富で最高!」「夜久さんがイケボすぎてつらい」「ボイスも作画もいい!!」とこちらも好評のようす。

 自分の好みの選手を集めたら、まずは試合に向けて彼らを練習で強化。練習を受けるメンバーは自分の選んだセットの中からランダムで選出される。スパイク、サーブなど様々な練習メニューを行い、クリアすれば経験値がゲットできる仕組みだ。また、一緒に練習したメンバーは「絆」がアップし、「絆技」を覚えることもあるので、どのメンバーが仲良くなっていくのかを見守るのも楽しみの一つとなっている。

 なお、練習モードに登場するのはデフォルメされた2頭身のキャラクターたち。「こっちの日向もかわいいんだが」「ちっちゃいのもいいですねーーー」とゲームならではの一面を味わうことができる。

 そしてこのゲームの醍醐味である試合では、画面上部に表示される「TEAM GAUGE」がカギを握る。得点に応じてチームカラーに染まっていくこのゲージを「エキサイトライン」と呼ばれるポイントまで高めれば「エキサイトモード」に移行することができる。このモードでは「通常」「スキル」「ピンチサーバー」の3つの選択肢から選手の行動を選ぶことができ、スタミナを消費する「スキル」を選ぶか、「ピンチサーバー」を投入するか、あるいは温存して「通常」で攻めるかがプレイヤーの腕の見せ所だ。

「スキル」は「ボールをカラーゾーンに合わせよう」といった「ドンピシャアクション」を決めると効果がアップ。このゲームの見どころの一つでもあるド派手な演出と同時に相手チームに攻撃できる。エキサイトモード時には練習で培った「絆技」も発動できるので要チェック。

 また、このゲームに必要な要素として「メモリー」というシステムがある。様々な選手の名場面が記録されているコレクションアイテムであるメモリーは、ファンなら見ているだけでもうれしいものだが、実はキャラの力をアップさせたり新たな「スキル」を獲得するために使うことができる。さらに嬉しいことに、ゲットしたメモリーの選手はホーム画面に表示させることができるので、お気に入りの選手をなんとしてもゲットしたいところ。

 メモリーを手に入れるには、「メモリーコイン」を使用するノーマルガチャと、「飛翔コイン」と呼ばれる課金コインで回すことができるレアガチャを利用する必要がある。その他にも定期的に開催される「リーグ」に参戦して上位に入ることでメモリーなどの豪華報酬を手にすることができる。リーグには5種類のランクがあり、上位リーグであればあるほどその報酬も豪華になるのでビシバシ選手を鍛えたいところ。

 ちなみに「ドンピシャマッチリリース杯」では、上位入賞者に梟谷高校の「木兎光太郎&赤葦京治『ストレートが決まる瞬間』」や「木兎光太郎『最高潮のスパイカー』」などのメモリーが配布される。「梟谷ここで出るのか! 待ってた!!」とファンも大興奮のこのメモリー、さっそくリーグ戦に参加してゲットを目指そう。

 今まで『ハイキュー!!』を知らなかった人も、自分がゲームで育てたキャラが漫画やアニメでどんな活躍をしているのか見てみれば、楽しさも倍増するはず。選手選びから育成、試合まで楽しめるこのゲームは『ハイキュー!!』ファンもそうでない人にもおすすめだ。

最終更新:8/14(日) 16:00

おたぽる

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。