ここから本文です

スマホの音声入力でどこまで原稿を書けるか?

@DIME 8/14(日) 15:10配信

 フリック入力が苦手だ。もともと得意じゃないのに加えて、最近のスマホは画面が大きくなったこともあり、入力ミスすることが多くなった。その代わりに使うようになったのが、音声入力の機能だ。どのアプリでもキーボードのマイクマークをタップすれば、音声での文字入力が可能になる。

 スマホの音声認識は精度がかなり高く、昔あったパソコンの音声入力ソフトとは大違いだ。パソコンのソフトはプログラムの容量やCPUの性能が限定されるが、スマホの音声認識はクラウド上で処理するため、段違いの性能が実現した。

 この音声入力を原稿作成に使えるか試してみた。うまくいけば原稿作成の労力がかなり軽減されるはずだ。昔テレビで、作家の志茂田景樹氏がテープレコーダーに原稿を吹き込む様子が紹介されていたが、あれはおそらくアシスタントがテープを聞いて原稿に書き落としていたのだろう。スマホの音声入力であれば、このテープ起こしの手間は不要になる。もうひとつスマホの良い所は、入力したテキストがクラウドで同期されるため原稿が消えることがなく、そのまま作業をパソコンに受け渡せることだ。もちろん、書くよりも話すことの方が敷居が低いため、執筆のスタートを早められるメリットもある。

 この原稿は実際にスマホの音声入力機能を使って書いたものだ。正確に言うと、iPhoneの音声入力で書いた原稿を、パソコンで編集して完成させた。最初からパソコンで作業するのと同じく、編集や推敲の作業は欠かせないし、誤認識、誤変換はやはりある。しかし紙にペンで書く場合でも漢字が思い出せず、間違った漢字やカタカナで書くことも個人的には多い。手書きと“どっこいどっこい”と考えることもできる。

 スマホの音声入力で長文を書くには、事前にある程度構成を考えておくことが大事だ。さらに、「あー」とか「えー」といった無駄なノイズを入れないよう意識しながら話すほうがいい。普通の会話よりも、ある程度の緊張感を持ったモードに頭を切り替える必要があるだろう。これは、スピーチや講演をするときの心構えと同様だろう。だが、間違えとしてもスピーチなどのように恥をかくことはない。ただ、修正する手間が増えるだけだ。逆に、音声入力の原稿書きに慣れれば、スピーチも上手くなるのではないだろうか。

 話し方を工夫することは、最初にパソコンのキーボード入力を習得したときほどは難しくはないだろう。少し時間をかければ、原稿の下書きは音声入力で簡単かつ高速に書くことができるはずだ。と、ここまでかかった時間はおよそ8分程度。後で確認するが、入力できた文字数は○○文字(1000文字弱)。かなりのスピードではないだろうか。

文字を音声入力するには、キーボードのマイクマークをタップする。

キーボードが音声の波形を表す画面に変わる。「完了」のタップで音声入力を終了。何度か分けてセンテンスを入力しておけば長文が書ける。

この原稿(の下原稿)はiPhoneの「メモ」アプリに入力した。1000文字弱が約8分で入力できた。

「メモ」アプリのデータはiCloudで同期する。パソコンで加筆・修正などの編集作業を経て、この原稿を完成させた。

文/小口 覺(おぐち さとる)

@DIME編集部

最終更新:8/14(日) 15:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。