ここから本文です

SMAP解散発表に寄せてーー矢野利裕が緊急寄稿「すぐれてSMAP的なものであることを願う」

リアルサウンド 8/14(日) 11:50配信

 SMAPが今年限りで解散するという。インサイダーの情報があるわけでもないので、年始からここまで、一連の騒動の内幕は知るよしもない。『SMAPは終わらない 国民的グループが乗り越える「社会のしがらみ」』(垣内出版)という書籍を刊行し、緊急エールを送った直後である。とても驚いた。

 まずはなにより、さびしさを感じる。いまもなお、高いクオリティの楽曲を発表し続けるSMAPの、その新曲が、あの歌声が、聴けなくなるのかと思うと、それはとてもさびしいし、悲しい。加えて、彼らのダンスやトーク、その他あらゆる5人のやりとりが見られないのかと思うと、うむ、やはりさびしい。当たりまえに日常を彩っていたものが、不意に失われてしまったようだ。これは、多くのファンが少なからず同じ気持ちだろう。いや、おそらく僕以上にSMAPの表現に魅了され、元気づけられていた人たちがいるはずで、その人たちの心痛は察するにあまりある。

 一方で僕は、例の謝罪会見以来、それなりの葛藤を抱えつつも、ことあるごとに「SMAPは解散・独立すべきではないか」と言い続けてきた。それは、SMAPがジャニーズに、ひいてはアイドルに、なにより自由と解放の気分をもたらした存在だと思っているからである。『SMAPは終わらない』という著作の前半部では、ゆたかな楽曲とダンスを披露するSMAPが、いかに自由で解放的な存在かということを、心を込めて論じたつもりだ。SMAPが体現する自由と解放の気分に魅了されていたからこそ、無理矢理存続させられているようなSMAPに対しては、「解散・独立すべきではないか」と言うべきだと思った。各メンバーがどのようなことを思っているのかを知ることはできないが、もし自由で解放的に振る舞うことができない事態に陥っているのだとすれば、形式的なかたちでSMAPが存続していたとしても、実質的にはSMAPらしさはすでに失われている。というか、あの一件以来、いくらSMAPを観たり聴いたりしても、「裏ではどうなっているのだろう」という勘繰りが拭いがたく存在してしまっている。SMAP存続の結果がそんな姿なのであればいっそ解散・独立したほうがいい、というのが、僕の主張だった。いや、なにもかもすっきりと解決したうえでの存続というのが、いちばん良いに決まっているのだが。

 強烈なさびしさを感じつつも、その考えは現在でも変わっていない。したがって、僕の言いたいことも基本的に変わらない。『SMAPは終わらない』では、次のように書いた。

「中居に限らずSMAPにいま必要なものは、音楽であり歌だ。さらに言えば、踊りであり笑いだ。すなわち、あらゆる〈芸能〉の振る舞いだ。日常から解放された身体の動きだ。個人的・社会的な困難に直面したときこそ、僕たちは〈芸能〉の振る舞いを必要とする。それは、誰にとっても変わらない。「視聴者にとっても、僕にとっても」だ。だからいま、国民的アイドルであるSMAPに必要なことは、〈SMAP的身体〉を取り戻すことである。〈SMAP的身体〉を舞台のうえで披露することである。それは、グループとしてのSMAPが存続することと必ずしも同義ではないし、もちろん、形式的な謝罪を述べることではありえない。中居が、木村が、稲垣が、草なぎが、香取が、それぞれのしかたで、自由と解放の気分を体現することである。」

 悲壮感の溢れるメンバーのコメントも報じられている。しかし、そんな悲しい言葉よりも、なにより各人の自由と解放感に満ちた〈芸能〉の振る舞いに触れたい。それは、解散のさびしさをすみに追いやるものだと信じている。「解散・独立すべきではないか」と言っていたのは、なによりSMAPの〈芸能‐人〉としてのすぐれた振る舞いを信頼していたからでもある。ようするに、それぞれがこれまでとは異なるステージで活躍することを、心から願っている。それはまさに、オートレーサーに転身した森くんのように。

 しかし、気になることもある。ジャニーズ事務所からは解放されていない、ということだ。解散はしたが、独立は果たされなかった。このあたりの業界の力学もまったくわからない。ただ、ひとつだけ思うのは、僕らはもう、アイドルを自分たちの都合で所有している気になるべきではない、ということだ。タレントは事務所の所有物ではない。アイドルはファンの所有物ではない。人格をもったひとりの人間だ。ジャニーズ事務所の歴史は、すでに50年以上経っている。戦後は70年以経っている。SMAPは平成の時代とともに誕生した。時代は変わりつつある。わたしたちは、ともすれば差別と結びつきがちな、前近代的な〈芸能〉のありかたから脱却すべきである。アイドルに人格を認めないようなありかたは、もうやめよう。自由と解放の気分を体現していたSMAPは、まぎれもなく新しいかたちの、等身大のアイドルだった。あとから振り返ったとき、この解散が、自由と解放の気分に満ちたものであることを――すなわち、すぐれてSMAP的であることを願う。それは、日本・戦後・芸能のターニングポイントになりうる。

矢野利裕

最終更新:8/14(日) 11:50

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。