ここから本文です

リネカー氏が古巣レスター優勝の公約実現! “パンイチ”姿でTV出演し「ミラクル、グレートだ」

Football ZONE web 8/14(日) 13:11配信

自身が司会を務める人気番組で引き締まった肉体を披露

 レスター・シティOBで、現在は解説者として活躍する元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏は、英公共放送「BBC」の人気サッカー番組「Match of the Day(MOTD)」にパンツ一丁で出演するという“公約”を果たした。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 リネカーは昨年、自身のツイッターで「レスターがプレミアリーグで優勝したら、来季最初のMOTDにはパンツ一丁で出演する」と宣言。英国ブックメーカーから5001倍というオッズをつけられるなど、実現不可能と見られていたレスターの優勝予想に、クラブOBもジョークで乗っかったつもりだったのだろうが、レスターは奇跡のリーグ初制覇を果たし、世界中を驚かせた。

 そして13日、レスター対ハル・シティを皮切りに、プレミアリーグの新シーズンがスタートした。レスターは1-2で敗れ、前年王者として開幕戦で敗れた史上初のチームになるなどチャンピオンの称号に泥を塗る結果となった。チームはファンの期待に応えることができなかったが、リネカー氏は自身が解説者を務める人気番組「MOTD」で有言実行した。

 番組のオープニングでリネカー氏はセットの前に立ち、レスターのエンブレムの入った真っ白なパンツ姿で登場。この日のために筋トレを重ねてきたレジェンドは現在55歳だが、引き締まった腹筋を披露した。共演者のアラン・シアラー氏とイアン・ライト氏はその背後で、パンイチ姿で話す元イングランド代表FWを見てヒソヒソと笑っていた。

「優勝するチャンスはゼロだと思っていた」

 リネカー氏は、この「パンイチ司会」を引き起こした昨季のレスターの奇跡を振り返っている。クラブOBとは言え、リーグ制覇の可能性は皆無と考えていたという。

「あれは偶発的な事故で、ミラクルだった。それによって私は、下着一枚でここにいることになった。12月にあのツイートをした時、私はレスターが優勝するチャンスは完全にゼロだと思っていた。ゼロ・チャンスだ。しかし、それは起きた。ミラクル、グレートだ」

 レスターの試合の解説中は肌をさらけ出したままのリネカー氏だったが、さすがに2試合目以降の解説に移ると、「このナンセンスはこれで十分だろう。服を着てくるよ」とマンチェスター・シティ対サンダーランド戦の解説にはしっかりと服を着て、本来のあるべき姿に戻っていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/14(日) 13:11

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。