ここから本文です

渋谷からPARCOが消えた日ーースカパラと欅坂46が表現した「共通の感覚」とは

リアルサウンド 8/14(日) 13:00配信

 8月7日、渋谷パルコが、その43年の歴史に一旦の幕を閉じた。

 最終日の19:30頃、パルコ正面玄関前の公園通り広場に現れたのは、揃いのスーツに身を包んだ9人の男たちだった。手にした楽器を構えるや、いきなり演奏が始まった。東京スカパラダイスオーケストラだ。事前の告知は一切なく、完全なるゲリラでのストリートライブ。沿道まであふれた人混みをあっという間に巻き込んでいく。

 渋谷パルコの最後にスカパラが華を添える----この光景が唐突に映った人もいるだろうか? しかしこれこそがパルコがただの商業施設ではないことをわかりやすく示している幸福な光景なのだ。

 パルコはファッションビルとしての側面だけではなく、カルチャーの発信基地として渋谷という街そのものをデザインしてきたと言ってもよい。パルコ劇場では寺山修二の書き下ろし公演が行われる一方で、三谷幸喜、長塚圭史、本谷有希子といった新進気鋭の演出家が羽ばたく舞台となり、パルコギャラリー(現パルコミュージアム)では村上隆の初期展覧会が行われたり、注目され始めたばかりの日比野克彦の個展を開催したり、Chim↑Pomは渋谷パルコPART1そのものを作品に取り込む大掛かりなエキシビジョンを開くなど(Part1正面の「PARCO」サインから「C」と「P」を取ったのは衝撃だった)、多くのアーティストを輩出、フィーチャーし、共に成長してきた。また、今年の3月には世界的デザイン集団Tomatoの展覧会が同会場を中心に渋谷の街を巻き込みながら開催され、TomatoのメンバーでもあるUnderworldが渋谷パルコの屋上でシークレットライブを開催したことが、大きなサプライズと共に話題となったことが記憶に新しい。

 映画ジャンルでは『トレイン・スポッティング』をアスミックと共同で配給し、映画館シネクイントを誕生させるきっかけとなった。さらにシネクイントの初上映作品は、ヴィンセント・ギャロ監督・主演の『バッファロー’66』で大きな話題となった(8月7日の最終日に特別上映された。またシネクイント最後の作品となった『シング・ストリート』は個人的に今のところ2016年ベスト!)。

 そしてクラブクアトロだ。1988年にスタートしたクアトロは国内外問わず良い音楽を生で発信する場として今も機能している。ニルヴァーナ、オアシス、ビョーク、レディオヘッド……クアトロが初来日公演だったという海外アーティストのラインナップは豪華そのものだ。そして国内でも渋谷系の台頭とともに「小沢健二×スチャダラパー」といった斬新な対バン企画などで注目を集めた。なかでも東京スカパラダイスオーケストラは活動の歩みとクアトロのオープンが時期を同じくするだけあって、その登場回数は歴代トップクラスを誇る。

 スカパラがこの日のストリートライブで披露した中に「Paradise Has No Border」という曲がある。酒造メーカーのCMでも話題になっているインスト曲だ。各地の夏フェスに出演し、ブラジルを経由して駆けつけたスカパラのボーダレスな活動そのものに肉付けされた同曲は、カルチャーの遊び場としてジャンルレスで面白いものを提供してきたパルコの精神と共鳴して夏の渋谷に響いた。

 ちなみにこのストリートライブが実現したのは、パルコミュージアム(渋谷パルコ PART1・3F)で行われた最後の展覧会『SHIBUYA Last Dance_』で招待アーティストとして展示に参加したという背景があったからだ。以下は、『SHIBUYA Last Dance_』に寄せて書き下ろされた谷中敦の詩の一部抜粋だ。

  もどかしいけど気楽な毎日
  自信も不安もふんだんにそこにあった
  映画館も洒落た服も舶来の音楽も
  手には入らないけど
  手に触れるように感じた

  その頃から何も変わってない
  いまは最も東京特有の感覚
  様子を窺ってる、そして
  新しくなろうとしてる
  (『ラスト・ダンス』谷中敦)

 そして谷中の綴る気分は、世代が二回り以上も違うアイドルの楽曲からも感じられる。

 『渋谷からPARCOが消えた日』。これは、8月10日に発売された欅坂46の2ndシングル『世界には愛しかない』に収録されている曲のタイトルで、センターの平手友梨奈のソロ曲だ。注目したいのは、その歌詞の内容だ。〈PARCO PARCO PARCO……〉のリフレインも印象的な同曲に込められているのは、成長や変化を受け入れる葛藤と覚悟だ。セーラー服姿と大人っぽい衣装の2ポーズに身を包んだ平手と夜の渋谷に煌めくPARCOのサインが交差するMVを見ていると、一人の少女の物語を街全体が包み込む息遣いが聞こえるようだ。

「様子を窺ってる」と表現する谷中と、「まだまだ人混みの中にいたい」と歌う平手の感覚は、街=渋谷を媒介とすると驚くほど近しい。そして両者の視線は、確実に訪れる変化へと向けられる。

  聴いている間には分からなかったことが
  踊り出すと見えてくるのに
  (『ラスト・ダンス』谷中敦)

  2019その頃私は大人
  (『渋谷からPARCOが消えた日』)

 パルコが渋谷にできる以前、公園通りはまだ公園通りでもなく、区役所に通じる寂しい通りだった。パルコができ、通りに名前がつき、そして人が集まるようになって街が変わっていった。

 2019年、新しくなったパルコができる。少女が大人になるように、地続きに、ボーダレスに。

  さよならじゃない
  渋谷PARCO
  (『渋谷からPARCOが消えた日』)

谷岡正浩

最終更新:8/14(日) 13:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。