ここから本文です

バルサの大黒柱ブスケツ、初の公式戦を控え、不安定な守備陣を危惧

フットボールチャンネル 8/14(日) 12:20配信

 バルセロナのMFセルヒオ・ブスケツは、プレシーズンマッチで失点続きのディフェンス陣の立て直しを図ろうとしているようだ。13日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ブスケツは、セビージャとのスペイン・スーパーカップ、アウェイでの第1戦を現地日曜日に控えた前日会見で、「プレシーズンなので、完全とはいかないのは明らかだが、いい状態でここまで来た。新戦力もいい」述べ、「セビージャも新しくなり、多くの新しい選手がいる。ゲームが始まれば、どちらのチームが新しいスタイルに適応できているかがわかるだろう」と続ける。

 28歳のMFは、さらにチームの状態について「選手がいればいるほど、質は上がり、より良くなる。日程はハードだし、もし故障者がいなければ、チームはいい状態ということであり、全てに勝てるだろう」とコメントする。

 そして、ここまでのプレシーズンマッチ4試合で9失点している守備について「心配はしているが、プレシーズンとは修正や改善するためのものだ。素晴らしいチームのベースとなるものはディフェンスの安定だから、ここからもっと良くしていく」とコメントする。

 「我々は勝ち続けたいし、記録を打ち立てたい」と述べるブスケツ。宿敵レアル・マドリーは、先日、同じセビージャ相手に今季初タイトルを獲得している。バルセロナとしても絶対に負けるわけにはいかないところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/14(日) 12:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。