ここから本文です

目指すは第2のカゼミーロ。レンタル先でのブレイク狙うレアル若手MF

フットボールチャンネル 8/14(日) 13:20配信

 レアル・マドリーから、今季1部昇格したアラベスに移籍した21歳のMFマルコス・ジョレンテ。この若きMFはレンタル期間中に大きな成長を目論んでいる。13日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 現時点でジョレンテは、マドリーでは余剰戦力と見なされており、指揮官のジネディーヌ・ジダン監督も彼のアラベス移籍を支持していたということだ。しかし、ジダン監督も彼のタレントを評価しており、マドリーのチーム状態次第では2017年1月の移籍市場で買い戻しオプションも可能という契約内容がその期待を表している。

 彼が目指すのはマドリーのチームメイトにして友人のMFカゼミーロだ。2014/15シーズンには余剰戦力としてポルトにレンタル移籍していたカゼミーロは、そこで成長し、マドリーに戻った昨季は必要不可欠なプレーヤーとなった。

 ジョレンテは新チームの移籍会見で「私は学び、成長し、全てをチームに捧げるためにやってきた。マドリーで練習するということは、世界のトッププレーヤーたちと練習するということを意味する。それは私がここでプレーすることの助けになる」と抱負を語る。

 昨季はリーガデビューしたが2試合の出場にとどまった。次にマドリーに戻る時は、さらに大きな戦力となりたいところだ。21歳の新天地での挑戦が始まる。

フットボールチャンネル

最終更新:8/14(日) 13:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。