ここから本文です

“ネイマール2世”、欧州上陸は冬に延期か。争奪戦がますます過激に

フットボールチャンネル 8/14(日) 13:40配信

 ブラジル1部サントスのブラジル代表FWガブリエル・バルボサの獲得を巡る争奪戦がますます激しくなりそうだ。13日にイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 現在五輪代表メンバーの1人としてリオ五輪に挑んでいるG・バルボサは、多くのクラブから獲得を狙われているブラジルの新星だ。しかし同選手は、五輪が終わるまでオファーの返答を見送る決断をしている。

 そして今度は、サントスの指揮官であるドリヴァウ・ジュニオール監督が移籍の延期を要求した。同監督は、「もし移籍することになっても、損害をできるだけ減らすためにガブリエル・ジェズスの移籍でパルメイラスが下した同じ決断をすべきだ」と冬までマンチェスター・シティへの加入を延期したG・ジェズスの例を挙げている。

 さらに「今はどのクラブとも交渉は行われていない。オファーは届いているが、私が知る限り全て止まっている」と長期戦を望む発言をした。

 しかしながら、現在欧州では早期決着に向けて争奪戦が過熱している。G・バルボサの獲得に向けてオファーを提示したクラブは、ユベントス、インテル、レスター・シティの3クラブだ。

 G・ジェズスの獲得に失敗したインテルは、同選手の獲得を熱望しているが、現時点では2700万ユーロ(約30億円)を提示したレスターがインテルのオファーを上回ったと報じられている。その一方で、FWシモーネ・ザザを売却しようとしているユベントスが再オファーを提示する可能性も浮上した。

 いずれにせよ、今はブラジル代表の五輪が終わるまで待たなければならないが、争奪戦を制しても、G・バルボサの欧州上陸は冬まで待たなければならないかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/14(日) 15:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。