ここから本文です

広島・森保監督、次期五輪代表指揮に前向きも…「いまはサンフレッチェの監督」

フットボールチャンネル 8/14(日) 14:57配信

 リオデジャネイロ五輪を終え、U-23日本代表の手倉森誠監督退任が濃厚になった。そこで4年後の東京五輪を目指す新たなチームの指揮官候補に挙がっているのが、サンフレッチェ広島の森保一監督だ。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 かつて日本代表として活躍した経歴も持つ森保監督は、広島を4年間で3度のリーグ優勝に導くなど近年のJリーグで突出した実績を残している。他に川崎フロンターレの風間八宏監督やジュビロ磐田の名波浩監督を推す声もあるが、実績面では森保監督が上回っていると言えるだろう。

 しかし、当の本人は「名前を挙げてもらうのはすごくありがたいことですし、それだけ評価していただいているということは光栄」としながら「どこからの情報なのか、僕には何一つ正式なものは届いていないので、いまはサンフレッチェの監督として、チームを応援してくれる方々に1勝でも多くお届けしていくことしか考えていない」と慎重な姿勢を見せている。

「話をいただければそこから考えます」と、仮に東京五輪へ向けた日本代表監督のオファーが届けば前向きに検討するようだが、現時点では何もアプローチがないことを強調した森保監督。「選手にも『今を集中してやるということを積み重ねていこう』というのを言っているので、まっすぐに考えながらやっていきたい」と、いまは広島での連覇に集中している。

(取材:チェーザレ・ポレンギ)

フットボールチャンネル

最終更新:8/14(日) 19:05

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。