ここから本文です

癒され度100%! 絶妙な距離感を保ちながら楽しく暮らす、柴犬フクと猫のタラ。

ダ・ヴィンチニュース 8/14(日) 9:00配信

 柴犬フクと猫のタラが自然の中で織りなすのんびりな日々を紹介する写真集『柴犬フクと猫のタラ。』が、2016年8月3日(水)に発売された。

 柴犬フクが暮らす家の庭に、子猫の兄弟が通ってくるようになった。いろんな出来事が重なって、2匹のうちの1匹がフクの家で暮らすことになり……、柴犬フクと猫のタラのコンビが誕生した。

 ひなたぼっこをしたり、会議をしていたり、時にはお姉ちゃんのフクが弟のタラにたしなめられたり……。2匹はつかず離れずの絶妙な距離感を保ちながら、今日もなにやらお話しして楽しそう。また、フクとタラが暮らす家には、90歳を超えた人間のおじいやんも暮らしている。1人と2匹のちぐはぐでゆるゆるな関係は、ちょっと笑えて時々しんみり。なんだか心の凝りをほぐしてくれるようである。

 フクタラの飼い主である松田智恵は、そんな穏やかな日々を撮影し、フクとタラの会話文を加え、短い文章とともに2匹の日々を綴る。同書からは犬と猫の暮らし、そして自然のおだやかな息づかいが感じられる。くすっと小さく笑える2匹の会話の妙も魅力の1つだ。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:8/14(日) 9:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。