ここから本文です

少年恋愛マンガの名手・瀬尾公治が描く青春バンド漫画『風夏』アニメ化にファン歓喜!「ただいま嬉しすぎて発狂しております」

ダ・ヴィンチニュース 8/14(日) 15:00配信

 『涼風』や『君のいる町』で知られる瀬尾公治の最新作『風夏』のTVアニメ化が決定した。『週刊少年マガジン』で少年向けの恋愛マンガを描き人気を博す瀬尾の3作品目となるアニメ化決定にファンたちは「風夏アニメ化決定きたー!!! ただいま嬉しすぎて発狂しております」「風夏はホントにダントツで一番好きなので相当嬉しい」「風夏かわいいよぉ~~涼風たちも出てきてくれるといいなぁ」と大興奮だ。

 主人公・榛名優(はるなゆう)は、いつもスマホをいじっている少年。親の都合で東京の高校に転校してきた優は、マイペースでハチャメチャ、そして思うところがあって電子機器を持たないようにしている不思議な少女・秋月風夏と出会い、バンドを結成することに。優の昔なじみで、現在は大人気歌手として活躍する氷無小雪(ひなしこゆき)と優と風夏のトライアングル…電波があるから始まる恋。電波がないから始まる恋。そして、優に、風夏に関わるすべての人にとって衝撃的な出来事が起こる――。

 同作では、優たちが自分たちの夢を叶えるためにバンドに打ち込み成長していく姿が描かれており、「優たちがフェスとか出てどんどん成長してく様子に胸が熱くなる…」「誰のための夢なのか、自分のための夢なのか、優にとってはすごく切ないよね…」「Twitterばっかりやってた優を巻き込んで連れ出した風夏。武道館の前座ライブの後のシーンはほんとに号泣だった…!!」と多くのファンたちが心を打たれている。

 また、瀬尾が描き出す魅力的な女の子たちに「本当に瀬尾さんの女の子は可愛くってセクシーで魅力的!!」「ああかわいい…こんな女の子に迫られたい…(ムリ)」「小雪~!! 俺だよ~~ 付き合ってくれ~~!!!」と多くのファンがどっぷりと惚れ込んでいるようす。もちろんお色気シーンも多数盛り込まれており、「そうです。瀬尾公治ガチ勢です」「瀬尾公治大先生の作品はすべて集めています。カラーBOXに漫画の切り抜きを貼ってたぐらい瀬尾先生が大好きです」「俺の敬愛している瀬尾公治先生」と、特に男性ファンから絶大な人気を誇っている。

 これまで『涼風』や『君のいた町』など、少年漫画ながら恋愛にスポットを当てた作品を生み出してきた瀬尾作品に対して、「たとえどんな困難にぶちあたっても、運命の力がありとあらゆる障害を蹴散らして主人公たちを高みへ引き上げてくれる。瀬尾公治漫画の真髄」「男の胸をえぐる恋愛マンガ。こんなかわいい子とラブラブしてみたいってところもありつつ、誤解されたり、はっきりしなかったりっていう男のほんとの恋愛に近い気がする」「少女漫画とは違う男のための恋愛マンガ!!」と大きな評価を得ている。そんな瀬尾が今回描いた『風夏』は、恋愛はもちろんの事、バンドとして夢を追いかけていく姿に「これはこれまでの瀬尾先生とちょっと違うぞ…」「この青春バンド漫画って感じすごく好きです!!」「友人同士のすれ違いとか、葛藤とかもすごく描かれてて…どうか夢をかなえてほしい!」とこれまでとは少し異なった“バンド”としての成長が大きな魅力になっている。

 また、「ほほう…苗字は秋月ですかなるほどなるほど」「確実に娘だろ…こんなに無事に大きくなって…」と反響を得たように、風夏は『涼風』で結ばれた、秋月大和と朝比奈涼風の娘だ。同作にも親となった大和と涼風が登場し「あ~~人妻になったとしてもやはり涼風は俺の永遠の憧れだ!!」「大和と涼風だ…なんか猛烈に感動している」と話題に。アニメでも大和と涼風が登場してくれるのか、瀬尾作品のファン注目のポイントだ。

 瀬尾は今回のアニメ化について「『風夏』という作品は僕にとって思い入れの強い作品なので、今回のアニメ化は本当に嬉しいです。優や風夏、小雪が一体どんなステージを観せてくれるのか、今からすごく楽しみにしています」と語っている。アニメ「風夏」について、放送時期、スタッフ、キャスト、また重要なカギとなる音楽など、作品に関する詳細はまだ未発表。しかし公式サイトでは、涼やかな風が吹く学校の屋上らしき場所で風夏が振り向き微笑んでくれるティザーPVが公開されている。「待ちきれない!」という人も、ティザーPVを見ながら詳細発表を心待ちにしていよう。

 ちなみに、アニメ化決定を伝えた8月3日(水)発売の『週刊少年マガジン』本誌では、「全男子に告ぐ! 全裸待機の準備をせよ!!」というあおり文とともに風夏たちがカラーページで描かれている。瀬尾のTwitterでも見ることができるので、気になる人はチェックしてみては?

最終更新:8/14(日) 15:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。