ここから本文です

「ガールズ&パンツァー」新連載2本同時スタートにファン大興奮!「劇場版と戦車成分多めはそそりますね!!」

ダ・ヴィンチニュース 8/14(日) 15:00配信

 劇場版が2015年11月21日に公開され、興行収入22億円を突破したアニメ「ガールズ&パンツァー」の新連載が2016年8月5日(金)発売の『月刊コミックフラッパー』9月号でスタートした。しかも同時に2本の新連載が始まるということで、「まだ続いてくれるのか。『ガルパンはいいぞ』は未だ健在」「全ガルパンおじさん大歓喜だな! ガルパンはいいぞ!」「劇場版と戦車成分多めはそそりますね!!」とファンからは熱い声援が送られている。

 アニメ「ガールズ&パンツァー」は、2012年から放送スタート。舞台は、戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。県立大洗女子学園の転校生・西住みほは戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子学園を選んだのだが、生徒会長に呼び出され戦車道全国大会に出場するように強要される。友達とのフツーの女子高生活を夢見るみほのささやかな願いは叶うのか――?

 脚本をアニメ「聖闘士星矢Ω」や「けいおん!」の吉田玲子、監督を「侵略! イカ娘」の水島努、キャラクター原案を「ストライクウィッチーズ」の島田フミカネと、オタク心をがっしりと掴んだ強力スタッフで制作された同作は「これは美少女アニメではない!! 戦車道という熱いスポーツを舞台にしたスポ根アニメだ!!!」「ディティールがやばすぎてヤバイしか言えない。こうも魅力的に描いてもらえるならミリオタ大満足」「スタッフ見てなんか納得した。いいもん創るわこりゃ」と多くのファン、通称“ガルパンおじさん”を生み出した。

 「ガールズ&パンツァー」といえば、様々な場所や人とコラボをしたことでも有名に。物語の舞台である茨城県・大洗町ではガルパン喫茶のオープンや聖地巡礼スタンプラリーなど積極的に「ガールズ&パンツァー」を押し出し、「アニメでの町おこし」成功例として話題となった。「地元民が心からファンになっている。大洗町もガルパンも大好きです!!」「初めて大洗行った時に『これ持ってって』ってキュウリ山ほど持たされた思い出。みほがあそこに住んでると思うと涙でる」「尊い…尊い…」と作品と町をさらに好きになってしまうようだ。

 他にもプロレスラーの蝶野正洋ともコラボ。自身も熱心なガルパンファンの蝶野は「ガルパン応援大使」に就任したり、劇場版のTVCMに出演したりと「ガールズ&パンツァー」を支えてきた。「蝶野正洋は本気でガルパン好きなのわかるから大好き」「ガルパンおじさん代表みたいなもん」「蝶野さんがガルパンに関してとても言いにくそうにしつつも、なんとか自分のキャラを崩さないように頑張るところが可愛いな」と大人気に。

 多くのファンから愛され、人気を得ているアニメ「ガールズ&パンツァー」だが、今回スタートするのは映画「ガールズ&パンツァー劇場版」のコミカライズ版『ガールズ&パンツァー 劇場版 Variante』と、戦車の解説に力を入れた『ガールズ&パンツァー 戦車道ノススメ』の2本。

 伊能高史によって描かれる『ガールズ&パンツァー 劇場版 Variante』は、学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会を優勝で終え、平穏な日常が戻ってきた大洗女子学園がエキシビジョンマッチに参戦するところから物語が始まる。ロングラン上映、興行収入22億円に加えて、極上爆音上映など多彩なイベント上映でも話題となった劇場版のコミカライズに「確かに映画は2桁見た。円盤も買った。でも新たな何かは生まれてた。コミカライズもつまりそういうこと」「映画のストーリー大好きなんです! 胸が熱くなるんです!! それが漫画で毎週読めるのは嬉しい!!」と大興奮。「Varianteはぜひとも大洗女子が廃校になると知った他校勢の反応やそれに対する行動を取り上げてほしいっすね…」と劇場版では描かれていない場面を期待する声も上がっているようだ。

 そして、もう一つの新連載『ガールズ&パンツァー 戦車道ノススメ』は、ガールズ&パンツァーとオンラインゲーム「World of Tanks」とのコラボコミック『はじめての戦車道』などで知られる葉来緑が描く「戦車多め」な新作スピンオフ作品。第1話は、主人公みほのいる大洗高校・あんこうチームとIV戦車をピックアップ。これには「いやぁわかってらっしゃる!! 戦車を知ることでガルパンはさらに面白くなるのだよ!!」「や、やばいぞ『戦車道ノススメ』、これ完全にガルパンだ!ガルパンの漫画版だ!」「これはほんとオススメのオススメ。 一度でいい…乗りたかったなぁ、戦車」「わくわくミリオタ感… IV号ちゃん…」と歓喜の声が聞こえてきている。

 大人気のアニメ「ガールズ&パンツァー」の2本同時新連載。『月刊コミックフラッパー』では、野上武志と鈴木貴昭による『ガールズ&パンツァー リボンの武者』も連載中。今後は計3本の「ガールズ&パンツァー」作品が連載されることになる同誌を一度手に取ってみてはどうだろう。あなたもきっと「ガルパンはいいぞ!」と言いたくなるはずだ。

最終更新:8/14(日) 15:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。