ここから本文です

淀川製鋼所 ヨドコウ迎賓館~AWAY FOR THE SUMMER~[企業の迎賓館訪問 vol.3]

Forbes JAPAN 8/14(日) 10:00配信

国内外の賓客をもてなす企業の「迎賓館」。それらはときに名建築であり、文化遺産であり、企業の精神そのものを表す。連載第3回は、20世紀最高の建築家のひとりと言われるフランク・ロイド・ライト設計の「ヨドコウ迎賓館」を訪問した。



兵庫県芦屋市の緑に囲まれた小高い丘の上に立つ瀟洒な住宅「ヨドコウ迎賓館」―ここは一般公開されている(※)、稀有な迎賓館だ。

もともとは「櫻正宗」で有名な神戸・灘の酒造家、8代目山邑(やまむら)太左衛門の別邸として建てられた。設計は、旧帝国ホテル建設のために来日していた近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライト。

ある暑い日に芦屋を訪れたライトは、亜熱帯のような気候だと理解して、「避暑」を目的としたシェルター型のRC(鉄筋コンクリート)造の住宅を設計したという。彼の帰国後は、帝国ホテルの建設にも携わり、ライトが「MY SON」と呼んで絶大な信頼を寄せていた遠藤新(あらた)と南信(まこと)が実施設計・監理を引き継ぎ、大正13(1924)年に完成を見た。

時は流れて、昭和22(1947)年のこと。山邑家から実業家の手に渡っていたこの建物を、社長邸を探していた淀川製鋼所が購入した。のちに貸家や独身寮としても使用していたが、老朽化が激しくなり、同敷地内にマンションの建設を計画したところ、建築界が保存運動を起こす。

敷地に資材を搬入するほどまで事は進んでいたのだが、その世論を誠実に受け止めた当時の社長は、保存を決定。「社会貢献事業」に切り替え、国の重要文化財に申請すると、昭和49(1974)年、大正時代以降の建造物かつRC造建造物として初めて指定された。その後、保存修理工事に着手。約2億3,000万円をかけて完了させ、平成元(1989)年より一般公開を開始した。

建物は4階建てだが、ゆるやかな山肌に沿うように階段状に建てられているため、奥行きのある2階建てのような錯覚を起こす。また、最北端の門から建物の外観を鑑賞しながら導かれるエントランス、部屋の広がりを感じさせるための小さな入り口、迷路状の回廊など、ライト独特の空間演出が非常に魅力的だ。老朽化のため、一度は「幽霊屋敷」とまで揶揄された邸宅を見事よみがえらせ、後世に残る建造物として守り続ける。淀川製鋼所の使命感である。

(※)開館日は水・土・日・祝、開館時間は10~16時。最寄駅は阪急芦屋川駅、またはJR芦屋駅。大人・大学生500円、小・中・高校生200円。

企業名 株式会社淀川製鋼所
所在地 大阪市中央区南本町
設立 1935年
事業内容 カラー鋼板を主体に物置などのエクステリア商品、金属製屋根・壁材、ロール、グレーチングなどの製造。
売上高 連結約1,592億円(2016年3月期)
従業員数 連結2,452人(2016年3月末)

堀 香織

最終更新:8/14(日) 10:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。