ここから本文です

【J1採点&寸評】鳥栖×川崎|決勝弾のキム・ミヌ、力強い守備の吉田が最高点。鳥栖の守備陣は軒並み高評価

SOCCER DIGEST Web 8/14(日) 0:12配信

後半早々、鋭いドリブルから決勝弾を叩き込んだキム・ミヌがヒーローに。

 
【チーム採点・寸評】
鳥栖 7
試合開始から試合終了まで守備組織が崩れず、川崎の攻撃を上手く封じ込んだ。4バックと3ボランチの連動性に加え、前線からの守備も光り、まさに狙いどおりの展開だった。
 
川崎 4
相手のプレッシングに苦しみ、ミスも頻発して攻撃の構築に大苦戦。縦パスがまったく入らず、サイドからの仕掛けも機能せず。川崎らしさを発揮できないまま終わった。

【鳥栖 1-0 川崎 PHOTO】鳥栖が「走り勝って」川崎に勝利、小林の連続試合得点も止まる!


 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 6.5
長谷川が放ったエリア内からのシュートに素早く反応し、際どいところで食い込めた。後半の危ない場面で好セーブを見せるなど無失点勝利に貢献。
 
DF
8 藤田優人 6
何度か1対1の場面を迎えたが突破は許さず。攻撃参加は少なかったが、ソツなくカバーリングの仕事をこなしつつ、危ないスペースも埋める対応を見せた。
 
5 キム・ミンヒョク 6.5
1対1の競り合いでは無類の強さを誇り、最後までパフォーマンスも衰えず。谷口との好連係で中央に鍵をかけ、川崎の攻撃を封じ込めた。
 
29 谷口博之 6.5
「前に出る・出ない」の判断が的確で、素早く寄せて相手に前を向かせず。球際での粘り強い対応も光り、川崎が得意とする中央突破に対応した。
 
23 吉田 豊 7
身体を張った力強い守備でボールを奪い、小林やエウシーニョの突破を許さず。その運動量と負けん気の強さは際立っており、MOMのキム・ミヌに劣らぬ存在感だった。
 
MF
10 キム・ミヌ 7
12分に絶妙なスルーパスを豊田に通してチャンスメイク。25分にもドリブルでエリア内深くまで侵入して好機を作った。後半早々、ドリブルから決勝点を叩き込んでヒーローに。
 
14 高橋義希 6.5
3ボランチの中央で周囲との距離感を意識しつつ、川崎が得意とする中央攻撃も警戒。素早く寄せて圧力をかけた。川崎の中央突破を封じたキーマンのひとりだった。
 

1/3ページ

最終更新:8/14(日) 5:46

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。