ここから本文です

【仙台】昨晩に眺めた星空と復興祈念ユニホーム。渡邉晋監督は勝ち試合になにを見たか

SOCCER DIGEST Web 8/14(日) 18:31配信

「“復興のシンボル”として輝こうと話してピッチに送り出した」

[J1・第2ステージ8節]仙台 4-2 柏 8月13日/ユアスタ
 
 大きな意味のある試合だった。それは前節・鹿島戦の勝利に続く今季3度目の連勝(その他のふたつは第1ステージ13節・湘南戦から16節・甲府戦と第2ステージ4節・新潟戦から5節・湘南戦)であり、ふた桁もの故障者を抱えての勝点3獲得であったからだ。
 
 だが、なによりも重要だったのは、「復興祈念ユニホームを着用して勝った」事実ではないだろうか。会見場に入ってきた渡邉晋監督は、昨晩のちょっとした事柄について言葉を紡いでから、勝ち試合の内容を振り返った。
 
「昨日、帰りながら夜の星空を見上げると、澄み切った空に素晴らしい星が立ち並んでいた。そんな星のように、我々が“復興のシンボルとして輝こうと選手たちに話をして、ピッチに送り出した。難しい、厳しいゲームだったけれど、今日ばかりは光り輝くことができたんじゃないでしょうか」
 
 怪我人が多く、満身創痍のチーム状態だが、出場した選手たちは誰もが魂を込めて戦っていた。もちろん、すべてが上手くいったわけではない。「戦前の予想で、柏は4-4-2で挑んでくると思っていたのが、蓋を開けると(4-1-4-1と)違った」ため、マッチアップ上のズレができて、マークを外されるシーンも目立った。
 
 それでも、すぐに修正を施せる強さが今の仙台にはある。「前からプレスを掛けられないのであれば、自陣でコンパクトさを保って守備をする」という共通理解をベースに、アンカーに入った大谷秀和を消す作業を行ない、外へと追いやって、狙いどころを定めて狩る。
 
 チャレンジ&カバーを徹底させる。11人が決してサボらない。そういった原則原理を全員が全うしたことによって、「出場する選手が変わっても、それができたのはチームとしての総合力を示せた」という指揮官の言葉にも素直に頷ける。
 
 2失点を喫したこと、それによって一時は2-0から同点に追いつかれてしまったことは今後の反省材料だ。「(R・ロペスが倒れて)中断したことで全員の気持ちが少し緩んで、その後のプレーがPKにつながってしまった。勝点を取れてはいるけど、後半の入りも修正しないと今後は厳しくなる」とは、主将の富田晋伍の弁。
 
 渡邉監督は「決して勝ちに満足することなく、この先も上を目指して戦い続けることが大事」と試合後のロッカールームで話したという。それでも、次節・大宮戦に向けた練習を開始するまでは、この試合結果に酔いしれてもいい気がしている。“復興のシンボル”として、人々の心を照らしたであろう勝利なのだから。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:8/15(月) 13:55

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。