ここから本文です

超絶ミドルを懐に忍ばせていた泉澤。「前半はずっと“我慢”していた」

SOCCER DIGEST Web 8/14(日) 7:00配信

「打たれた瞬間、まずいなと思った」と相手GKも脱帽。

[J1 2ndステージ8節]
横浜F・マリノス 1-1 大宮アルディージャ
8月13日/ニッパツ三ツ沢球技場
 
 まさに、会心の一撃だった。
 
 スコアレスで迎えた後半、攻撃の強度を上げてきたホームの横浜に対し、いくつかの決定的なピンチにさらされた大宮は、50分過ぎから苦しい展開を強いられる。しかし、先にスコアボードを動かしたのは、劣勢に立たされていたアウェーチームだった。
 
 68分、金澤慎からの横パスをペナルティアークの少し手前で受けた泉澤仁は、対応に来た喜田拓也を細かいステップでかわし、迷いなく右足を一閃。放たれたボールはゴールの角に向かって一直線に飛んでいき、豪快にネットを揺さぶった。
 
 パンチ力のあるシュートに反応し切れなかった横浜のGK榎本哲也も、「あれは凄かった」と相手を褒めるしかなかった。
 
「打たれた瞬間、まずいなと思った。ボールを見ていたら、もうポストに当たって入っていた」
 
 榎本からすれば、少なからず嫌な予感はあったようだ。
 
「一回、(喜田を)かわした時に、これはある、と。ただ、その前の段階で、(ラインが)下がり過ぎていた部分があったし、サイドに押し込まれてからの(金澤の)パスが起点になっていた。あれを防ぐとなると、コンパクトにしていないと厳しいかな」
 
 横浜の最終ラインに人数は揃っていたが、バイタルエリアはやや手薄だった。そのスペースを泉澤は見逃さなかった。
 
「後半になってくると、スペースが空いてくるのは分かっていたので。後半にチャンスがあれば、とは思っていた。前半はずっと“我慢”していましたね」
 
 本人によれば、ミドルでのゴールは「学生以来、ないと思います。ホント、3年ぶりぐらいじゃないですかね」と頬を緩める。記者席では、ゴールが決まった瞬間、「あいつ、あんなのを持っていたのか!」と驚きの声も聞こえてきた。
 
 見方によれば、“まぐれ当たり”とも捉えられるかもしれない。しかし、泉澤からは「我慢」というフレーズが出てきた。つまり、彼は虎視眈々とあの一発を狙っていたのだ。
 
「前半は、やっぱり真ん中が堅かったので。チャンスを上手く活かせましたね」

1/2ページ

最終更新:8/14(日) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。