ここから本文です

伸ばした髪の毛のおかげ!? ファビオの起死回生の同点弾の秘密

SOCCER DIGEST Web 8/14(日) 12:00配信

「しっかりと一番高い位置でヘディングできた」

[J1 2ndステージ8節]
横浜F・マリノス 1-1 大宮アルディージャ
8月13日/ニッパツ三ツ沢球技場
 
 TVのインタビューで、元横浜の波戸康広が問いかける――あのゴールシーンは髪型を変えたから上手く合わせられた?
 
 起死回生の同点ゴールを決めたファビオが応える
 
「(カイケからのクロスは)本当に良いボールでしたし、自分は少し髪を伸ばしているので、ボールに当たって良かった。髪のおかげだと思います(笑)」
 
 0-1まま迎えたアディショナルタイム、左サイドで途中出場の前田直輝が粘ってカイケにパス。カイケは寄せてくる相手をかわし、ゴール前にふわりとしたボールを入れる。中で待つファビオが、菊地光将との競り合いを制し、ヘッドで合わせて流し込んだ。
 
「カイケがクロスを入れるのが見えた時に、良いポジションを取るようにして、相手より先にボールに触れるようにしました。少し高めのボールだったと思いますが、こういうボールはタイミングが取りやすいし、しっかりと一番高い位置でヘディングできました」
 
 チームを救ったファビオは、まだスコアレスだった59分には決定機を外している。右サイドから仕掛けた中町公祐のクロスを相手GKが弾き、そのこぼれ球を右足で狙ったが、シュートは枠を捉え切れなかった。
 
「あの場面で決められなかったのは残念だったし、チャンスを活かすべきでした。それがあったからゴールを強く意識していたわけではありませんが、決まったり、決まらなかったりは、サッカーではよくあることですから」
 
 少なくとも、DFでありながら積極的に得点を狙いに行き、そのうちのひとつを確実にモノにしてみせた。本職の守備では1失点を許したものの、出足の鋭さとフィジカルの強さで大宮のアタッカー陣の侵入を阻止。CBでコンビを組む中澤佑二とともに、堅牢なディフェンスを築いた。
 
 インタビュアーの質問の意図を即座に理解し、期待に応えるリアクションもできるサービス精神溢れるブラジリアンは、ピッチ上では攻守に存在感を発揮していた。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:8/14(日) 12:00

SOCCER DIGEST Web