ここから本文です

フィニッシュに難のある横浜。中澤佑二が提案する“スローアタック”のススメ

SOCCER DIGEST Web 8/14(日) 12:00配信

「ゆっくり攻めてみたり、リズムを変えられれば」

[J1 2ndステージ8節]
横浜F・マリノス 1-1 大宮アルディージャ
8月13日/ニッパツ三ツ沢球技場
 
 リードを奪われ、喜田拓也の退場でひとり少なくなる状況でも、アディショナルタイムのファビオのゴールで辛うじて追いつき、勝点1をもぎ取った。
 
 第2ステージの8節を終えて4勝4分。順位こそ5位だが、横浜はいまだ負けなしだ。今節の大宮戦も粘り強さを見せたが、中澤佑二は決して満足はしていない。
 
「前半からチャンスは作れていたけど、決め切れない状態が続くと、やっぱりああいうワンチャンス(泉澤仁のミドル)で入れられてしまう。決めるべき時に決めて、上手くゲームをコントロールできるようになれば」
 
 理想のゲームプランは「先制して、1-0、2-0で勝つ」ことだ。不動の司令塔である中村俊輔を怪我で欠くなか、齋藤学やマルティノスら個の打開力に優れるアタッカー陣の奮闘もあり、攻撃力の低下を最小限に抑えられてはいる。それなりにゴールチャンスも生み出してはいるものの、「攻めてはいるけど、なかなか入らない」のが現状だ。
 
 CBとして後方でチームを支える中澤は、攻撃面のブラッシュアップを求めている。
 
「攻撃の部分の精度、あとはリズムが全部同じなので、たまにはゆっくり攻めてみたり、リズムを変えられれば、攻撃のバリエーションも増えるのかな、と。マイボールの時間を上手く作れればいい」
 
 たしかに、今の横浜には縦への速さにこだわる傾向が否めない。テンポが一辺倒にならないよう、緩急をつけられるようになれば、課題の得点力も改善されるかもしれない。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:8/14(日) 12:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。